高宮まり、ロケットスタートに成功! 今年の高宮は光を掴む!!




高宮まり、ロケットスタートに成功!
今年の高宮は光を掴む!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の開幕2日目第1戦は高宮まり(KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。昨年はなかなか初トップが取れなかった高宮だが、初登板・初トップとなった。また、初日から女流プロが3連勝を飾った。

1回戦の対局者は、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(日本プロ麻雀連盟)、EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)そして今期から参戦のKADOKAWAサクラナイツ・内川幸太郎(日本プロ麻雀連盟)の一戦。

開局は、親の高宮と鈴木とのリーチ合戦。完璧な手順でのリーチだった高宮だが、結果は鈴木への放銃。リーチ・ウラ3という痛いマンガンを被弾。

次局はアガった鈴木の先制リーチに、滝沢が追いかけて首尾よく一発で討ち取る。チートイツ・ウラ2の12000をゲット、滝沢がトップ目に立つ。

高宮は東3局に、リーチ・ツモ・ドラ1の4000点をアガッて親を迎える。
そしてこの南場の親で見事な手順の、リーチ・ツモ・タンヤオ・ドラ1をアガり切る。

そして1本場では、3巡目にピンフ・ドラ1のリーチ攻勢。これに鈴木が命中、ウラが1枚乗って12000。高宮がトップに躍り出る。

南3局、2番手の滝沢が仕掛けを入れてトップをうかがう。高宮、これに怒りの5巡目リーチで応じる。結果、滝沢の現物を選択した内川が、高宮に放銃。2600ながら滝沢の追撃を交わし、そのままトップでゴールインとなった。

勝利者インタビューで高宮は「いいスタートを切れたので、どこまでもプラスを伸ばしたいです!」と語った。

【Result】
1着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(日本プロ麻雀連盟) 4万6900点/+66.9
2着 EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟) 3万9100点/+19.1
3着 KADOKAWAサクラナイツ・内川幸太郎(日本プロ麻雀連盟) 1万5400点/▲24.6
4着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会) ▲1400点/▲61.4

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +79.9(2/90)
2位 TEAM雷電 +75.1(2/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +66.9(1/90)
4位 EX風林火山 +19.1(1/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ ▲24.6(1/90)
6位 赤坂ドリブンズ ▲61.4(1/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲65.4(2/90)
8位 渋谷ABEMAS ▲89.6(2/90)

「大和証券 Mリーグ2019」開幕2日目!!
8チームのプライドをかけた戦いの火蓋が切って落とされる。
2日目は、赤坂ドリブンズvs KONAMI 麻雀格闘倶楽部vs EX風林火山vs KADOKAWAサクラナイツ

キャスト

赤坂ドリブンズ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
実況:小林未沙
解説:多井隆晴
レポーター:松本圭世

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vs風林火山vsサクラナイツ
【高宮まり Mリーグ関連記事】
高宮まり、ようやく掴んだ初トップは忘れられないバースデープレゼント!!

Mリーグ2018ベストオブ【高宮まり】〜21人のMリーガー名場面集〜
思いっきり腕を振る!高宮まりが勝ち取った「有終の美」【熱論!Mリーグ/FS第22節】魔法が解けた高宮まり その時、狂戦士は少女になった【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー

高宮まり インタビュー記事
【熱論!21人のMリーガー】高宮まり・KONAMI麻雀格闘倶楽部〜麻雀もグラビアも楽しめる唯一無二の「未完成」〜

【関連書籍】
写真集「日本プロ麻雀連盟 女流プロ写真集 国士無双
麻雀「何切る」200人に聞きました!」(佐々木寿人との共著)
kindle版「高宮まり テンパイ-聴牌
高宮まり MARI Styles 満開に咲く