白鳥翔、200点差で鈴木たろうを交わし、トータル4位脱出!!

白鳥翔、
200点差で鈴木たろうを交わし、
トータル4位脱出!!

3月3日に行われたプロ麻雀リーグ「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」。
その2日目2回戦は、渋谷abemas・白鳥翔(日本プロ麻雀連盟)がトップを獲得。
9局中5局が流局という消耗戦を、

対局者は、
赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)、
KONAMI 麻雀格闘倶楽部・高宮まり(日本プロ麻雀連盟)、
EX風林火山・二階堂亜樹(日本プロ麻雀連盟)、
そして白鳥。

並びは、高宮・白鳥・二階堂・鈴木。

東3局2本場、ドラのをアンコにした鈴木が、二階堂からマンガンをアガって先行する。

南2局2本場では、白鳥が軽快に2つ仕掛けてタンヤオ・赤1の1000オール、プラスリーチ棒2本をゲットし、トップに立つ。

南3局4本場、今度は鈴木がサンショク・ドラ1・赤1の1000・2000ツモで再逆転。
白鳥とデッドヒートを演じる。

結局オーラスを制したのは白鳥。
二階堂の3巡目リーチを受けて、を仕掛ける。
白鳥は二階堂と同じ待ちをツモりあげて、自力でトップを奪取した。

白鳥は勝利者インタビューで、
「レギュラーシーズンは不甲斐ない成績だったので、ファイナルに向けて研究した成果が出せて良かったです。ファイナルではトップ取りが重要なのでかなり攻め込んで行こうかなと考えてました。」
と語った。

【Result】
1着 渋谷ABEMAS・白鳥翔(日本プロ麻雀連盟) 5万3200点/+73.2
2着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会) 2万8800点/+8.8
3着 KONAMI 麻雀格闘倶楽部・高宮まり(日本プロ麻雀連盟) 1万1300点/▲28.7
4着 EX風林火山・二階堂亜樹(日本プロ麻雀連盟) 6700点/▲53.3

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +165.7(5/24)
2位 EX風林火山 +114.2(5/24)
3位 渋谷ABEMAS ▲7.0(5/24)
4位 KONAMI 麻雀格闘倶楽部 ▲24.4(5/24)

◆大和証券Mリーグ2018 4チームが24試合を行い、優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ2日目

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」