麻雀最強戦2019サイバーエージェント杯「女流プロ代表決定戦」観戦記【B卓】負けてなお強し!諦めないマーメイド・魚谷侑未が勝ち続けられる理由




麻雀最強戦2019

サイバーエージェント杯

女流プロ代表決定戦

負けてなお強し!諦めない

マーメイド・魚谷侑未が

勝ち続けられる理由

【B卓】担当記者:危険な鬼太郎 2019年7月21日(日)

 

A卓とは違い、このB卓のプロたちは今まで活躍し続けてきた女流プロたち。

女性唯一のA1リーガー・和久津晶

 

2018女流プレミアトーナメント優勝・愛内よしえ

 

現王位・魚谷侑未

 

最強戦2018ファイナリスト・渡辺洋香

 

特に近年の魚谷の活躍は目覚ましく、タイトル戦で見ない日は無いと言ってもいいほどの活躍を見せている。

何故、偶然に要素が強い麻雀でここまで勝つことができるのか?その答えは魚谷の闘牌に答えがあった。

東1局

渡辺が綺麗な形での先制リーチ

先制でのピンフドラ1リーチは余程の事が無い限り、リーチを打ったほうがいい。これは麻雀のセオリーでもあるし、解説の漫画家・片山まさゆきのマンガの中でも口酸っぱく言われていることだ。

ツモって1300-2600や裏が乗ってのマンガンが大きすぎるからだ。

この渡辺に一発で放銃するのが魚谷。

まず、第一にリーチ者の渡辺に対して安全そうな牌が筋のしかない。しかもそのを切ったとしても安全牌が続かない可能性がある。

渡辺のリーチには無筋がたくさんある。自分で渡辺のリーチを蹴れれば良し。そしてさらに安全牌も増やす。今回はたまたま一発でロン牌を掴んだに過ぎない。

大きいのは東1局でアガった渡辺だ。一戦勝負の2着勝ち抜けで8000のアガリは大きすぎる。

東2局

和久津がいきなりオタ風のをポン!

これもA卓で見た逢川の仕掛けと似ているが、まったく違う。何が違うのかというと圧倒的に打点だ。まずはピンズを先に切って、ソウズのホンイツかマンズのホンイツか分からなくさせている。

さらにはを鳴いて、露骨なホンイツに行く和久津に対して、親の魚谷はリーチで勝負。

三色リーチだ。東1局で8000のビハインドがある魚谷は早めに借金を返したいが、これも和久津への放銃になってしまう。

リーチ棒付きでまたもや8000。2局で17000点も吐き出してしまった魚谷。視聴者の中にも今回の魚谷は厳しいな。というコメントも目立ち始めた。

東3局

親の渡辺が七対子のリーチ。

東1局で稼いだリードを活かしつつ、一枚切れのでリーチだ。これをツモることさえできれば、圧倒的優位に立てる。

同じく七対子聴牌を果たしていた魚谷もツモ切りリーチ

どの牌でリーチをしようかと何枚か牌を押し続けたものの、良い牌を引けない。なら自分のを良い牌にするしかない。

自分の捨て牌も変則気味な感じだが、親と自分の筋のならば他家の降り打ちを狙えるかもしれない。

何よりも、この手牌が6400ではあまりにももったいなさすぎる。リーチして、跳満、ないしは倍満に仕上げなければ勝ち抜けはかなり厳しい。

細い腕で見事にを引き当て跳満!

3000-6000!点棒を凄く平たくなっていき、勝負は分からなくなった。

その後、魚谷が渡辺から2600をアガリ暫定ながら2着になるアガリを見せながらも誰も決定打を出せずに南2局にまでもつれてしまう。

南2局3本場

和久津がをポン!