麻雀最強戦2019男子プレミアトーナメント「手役の魔力」観戦記【A卓】松ヶ瀬の押し切り!井出の技あり!勝者が魅せた「魔力」




麻雀最強戦2019

男子プレミアトーナメント

「手役の魔力」【A卓】

松ヶ瀬の押し切り!

井出の技あり!

勝者が魅せた「魔力」

【A卓】担当記者:真中彰司2019年5月26日(日)

 

5月とは思えない暑さが続く中、最強戦でも熱い戦いが繰り広げられていた。

今月から女子に引き続き、男子のプレミアトーナメントがスタート。

前回の予選では内川幸太郎プロが見事な勝ち上がりを決めた。

今回は「手役の魔力」A卓の観戦記をお届けする。

A卓の出場選手は以下の4人。

MリーグやRTDリーグでもお馴染みのヒットマン、松本吉弘

 

続いて最強戦予選は通算6度目の出場となる傾奇者、井出康平

 

そして2度目の出場となる3代目天鳳位、山田独歩

 

最後に去年のプレミアトーナメント決勝で惜しくも敗れた麻雀番長、松ヶ瀬隆弥

 

この松本と松ヶ瀬の並びが実に厳つい…

組同士の権力抗争が始まりそうな雰囲気だが、あくまで勝負は麻雀である。

まずは東1局、松ヶ瀬が待ちで平和のみをテンパイ。

を引けば3色で高打点になるが、肝心のは既に4枚切れ。

打ち出すのがドラということもあり、ダマテンを選択。

無謀なリーチには行かず、そのままツモアガリ。

いきなり大きなリスクを負う必要は無いとの判断か。

2着残りを意識した、慎重な立ち上がりとなった。

続く東2局も、松ヶ瀬がタンヤオのみをダマテンに構える。

程なく独歩から討ち取って1300点のアガリ。

「失点を最小限に」とインタビューで語っていたが、相手の大物手を未然に防ぐ意味でのヤミテンだったか。

激しいぶつかり合いが予想されたA卓だったが、東場は意外にも小場の展開となった。

東3局、解説を驚かせたのは松本だった。

この配牌から切り。

更に続けて切り。

がマジョリティと思われる配牌だが、一気通貫を意識してペンの出アガリ率を重視する選択を取った。

策略を企てるヒットマンの目が、ギラギラと光っている。