麻雀最強戦2019男子プレミアトーナメント「手役の魔力」観戦記【B卓】足搔く森下と浅井、盤石の平賀と岩崎、明暗が分かれたゲームプラン

麻雀最強戦2019

男子プレミアトーナメント

「手役の魔力」【B卓】

足搔く森下と浅井、

盤石の平賀と岩崎、

明暗が分かれたゲームプラン

【B卓】担当記者:危険な鬼太郎2019年5月26日(日)

 

A卓では小場で進み、ワンチャンスをものにした井出と松ヶ瀬が勝ち上がりを決めた。

このB卓もA卓のように進むのだろうか?

それとも波乱の展開で幕を開けるのか?

じっくりと書いていきたい。

B卓

東家 森下剛任

南家 岩崎真

西家 浅井祐介

北家 平賀聡彦

 

東1局

早速岩崎の先制リーチで幕を開ける。

いたって普通のリーチだが、これを手がバラバラの状況で打ったのが日本一キレやすい雀士の浅井

 

ヤオチュー牌(1と9と字牌)しか切っていない岩崎のリーチに対して安全牌が無いので、2枚あるを切ったらこれが放銃でしかもマンガン。

前年度の最強戦では国士無双をアガリながらも勝ち抜けなかった浅井。不安な立ち上がりを迎えてしまった。

東3局

浅井の親番で、岩崎が勝負を決定づける聴牌。

なんとコレが清一色ドラドラ。しかも高目が出れば二盃口も付き3倍満の聴牌。

しかも森下のリーチまで入る。

東1局でマンガン放銃のビハインドがある浅井は無理を通してでも行かなくてはならないが、唯一リーチしていない平賀も一つ鳴いてドンドン押してきている。

これは一人ノーテンか?と思われたが、浅井が動く。

岩崎が切ったをカンチャンでチー!ツモ番が無いチーだ。

ただのハイテイずらしに見えるかもしれないが、実は違う。岩崎が聴牌なのは明白だ。だったらハイテイずらしなんて意味がない。

このは無筋なので、これを切った岩崎は間違いなく聴牌だろう。

と…考えると。

ハイテイでもし岩崎が無筋を掴んだ場合は降りるケースがほとんどだ。

誰が東1局で掴んだアドバンテージを離すものか。

岩崎は無筋のを掴み降り。重なる牌以外だったならば、現物のを切って七対子聴牌を取れただけに悔しいだろう。

そうして浅井は一人ノーテンを逃れた。浅井のクレバーな選択が最悪の未来を変えた。

 

東4局

またもや岩崎が先制リーチ。

をツモれば跳満。この手でも2着勝ち上がりを決定的なものにできる。

しかし、ここは点数の無い浅井が頑張る。

ここからをリャンメンでチー!ペンノミの聴牌を取る。

鳴かずにメンゼンに行きたい気持ちはもちろんある。チーして打ったも無筋だ。

この記事のタイトルとURLをコピーする