麻雀最強戦2019男子プレミアトーナメント「手役の魔力」観戦記【決勝卓】最強戦史上初パーフェクト!岩崎真が仕掛けた大胆かつ緻密な魔力




麻雀最強戦2019

男子プレミアトーナメント

「手役の魔力」【決勝卓】

最強戦史上初パーフェクト!

岩崎真が仕掛けた

大胆かつ緻密な魔力

【決勝卓】担当記者:危険な鬼太郎2019年5月26日(日)

 

まずは結末から言うが、

この半荘はパーフェクトゲームで幕を閉じた半荘になった。

だれもが1位に食らいつこうと、もがきながらも誰もアガリを取ることが出来なかった。

それは何故なのか?なぜそのような一方的な展開になってしまったのか?少し書いていきたいと思う。

決勝卓

東家 平賀聡彦

南家 岩崎真

西家 松ヶ瀬隆弥

北家 井出康平

 

東2局

いきなり岩崎の一人聴牌から幕を開けた東2局。松ヶ瀬がをスライドさせてリーチを打つ。

の時点で聴牌を入れていたが、のソバテンリーチを嫌った印象だ。これでが4枚切れてがノーチャンスになったとしても、リーチ宣言牌のの周りは警戒されてしまう。

体系はガッチリとしているが、麻雀は繊細だ。

「他家も大した手じゃない。松ヶ瀬がツモるか流局だろうな」

と考えていたら、親番の岩崎が中盤から無筋の連打。

ついにはをチーして無筋の打。カンの聴牌を取った。さきほどの2着勝ち上がりのシステムだと間違いなく降りるだろうが、ここでオヤッかぶりするぐらいならば…。と思い切った攻めだ。

この思い切りの良さは惜しくも流局するものの、次局花開く。

岩崎がドラ待ちでリーチするとドラをツモ!

リーチツモピンフ三色ドラドラ裏1。親の倍満八千オール!

泥臭くつないだ親番が8000オールに化けた。

続く3本場。

荒場は荒場を呼ぶのか、井出が凄い手になった。

三元牌の対子が3つ!これをアガリきれれば、岩崎に追いつくことができる。凄い手だ。

を鳴いて打。惜しむらくは大三元に必須な牌のが岩崎ともちもちなことだ。

上家の松ヶ瀬からが出るもマンガンのチーテンを取らず、

今度はが切られるものの、跳満のポンテンを取らなかった。

あくまで大三元に縛る一打だ。

ここで松ヶ瀬が聴牌。

待ち。高目はでツモれば三色だ。岩蔵にオヤッかぶりをさせればまだこの勝負は分からなくなる。

この松ヶ瀬の現物のが合わせて切られて井出も跳満の聴牌。