渋谷ABEMAS・松本吉弘 これぞベストバランス!ラス目の親でも我慢の一打【Mリーガー29人の名手】

渋谷ABEMAS・松本吉弘

これぞベストバランス!

ラス目の親でも我慢の一打

【Mリーガー29人の名手】

Mリーグ2019 12/3

第2試合 東2局  ドラ 供託×1

東家 松本吉弘渋谷ABEMAS

10900

南家 萩原聖人TEAM雷電

31100

西家 園田賢赤坂ドリブンズ

19400

北家 滝沢和典EX風林火山

37600

東2局ながら離れたラス目の東家・松本。連荘に賭けるべく4巡目からをポンしていく。

だが、下家の萩原からリーチ。

松本もをチーしてカン待ちのテンパイで追いつくが、

ツモで手が止まる。押し返すか、それともここは我慢か?

 

 

「まだ慌てるような時間じゃない」

ここで松本は打で一旦退いた。この持ち点で親だけに簡単にはオリたくない。だが、通っていないスジが減りが危険牌であること。あとは、の次に捨てるも安全、つまりカン受けのターツをセットで捨てられるからだ。残したの周辺を引けば、安全にテンパイが取れる。

その後、松本はを引いて萩原の現物の待ちで復活。

 

松本が萩原の現物で回ったように見えたため、園田からで5800を討ち取ることに成功したのである。

仮にこの親が流れても、オーラスまで長いしまだ親もある。だから我慢も利くのだ。ラスだから、親だから、ドラドラだから…。はやる気持ちは分かるが、本当に攻め返してよいか、一度冷静になって判断すべきであろう。

 

Mリーガー全29人の

名手を収録した

小冊子付き「近代麻雀」

発売中‼︎

 

東川亮

赤入り麻雀、東天紅(三人麻雀)などを愛する、さいたま市在住の麻雀ファン。本業はフリーのライター。飯田橋にあるセット雀荘「麻雀ロン」にて、オーナーである麻雀解説者・梶本琢程氏との接点が生まれ、その縁をきっかけとしてキンマWebにてライター活動を開始した。
ひがし@Twitter

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!