13戦7トップ!驀進が止まらない本田朋広を支えている 3つのポイント【Mリーグ2022-23観戦記12/8】担当記者:ゆうせー

13戦7トップ!
驀進が止まらない本田朋広
支えている 3つのポイント

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2022年 12月 8日

第1試合

東家:本田朋広(TEAM RAIDEN / 雷電)
南家:白鳥翔(渋谷ABEMAS)
西家:近藤誠一(セガサミーフェニックス)
北家:鈴木たろう(赤坂ドリブンズ)

東1局東2局と近藤が連続でアガリを決め、続く東3局

本田が動いた。

ここから2枚目の【1ソウ】をポン。

同じイーシャンテンなら、門前しばりの七対子より、動けるトイトイをとった本田。

この積極性が、今季の好調を物語っている。

【南】がアンコで不測の事態にも対応出来るのも心強い。

役牌の【西】が出るのが理想的だが──

白鳥はここから【西】を止めた。

【1ソウ】【4ソウ】【7ソウ】がフリテンなこともあるが、本田の仕掛けにション牌の役牌は打ちづらい。

本田がポンして打った【9ピン】周辺の牌と【西】とのシャンポンの形を、白鳥はしっかりと読み筋に入れていた。

だが、読まれるのは悪いことばかりではない。

本田にしてみれば「【西】は止められた」とも言えるが、「仕掛けることで相手の手を曲げさせた」と考えることも出来る。

そして何より、

真っ直ぐで効率の良い手順は、

往々にして最速のアガリへとつながる!

【3ピン】ポンに続いて、【西】を引き寄せた本田。【西】トイトイ、1600-3200の加点に成功する。

ここまで12回の登板でトップ6回。トップ率50%の快進撃を支えるポイントはこのような「仕掛けの積極性」にある。

続く東4局は、激動の局となった。

まず、7巡目に白鳥から先制リーチが入る。

それを受けた近藤は、

ここから、

【6マン】を打って出た!

立体的図で見るとその意図が分かる。

近藤の手は七対子ドラドラのイーシャンテン。そして【6マン】は2枚切れ。七対子でのMAXに受けるなら打【6マン】となる。【7マン】が3枚見えているので、【6マン】【9マン】のワンチャンスでもある。

他の選択では、【6ソウ】は中筋で通りそうだ。しかしそれでは【赤5ソウ】が浮いてしまう。

メンツ手の路線も残しつつ、重なりやすさでも劣る【6マン】を近藤は切ったのだった。

しかし、さらに本田からリーチがかかる。

近藤はここでまた選択を迫られる。

打ち出したのは、

【7マン】だった。

立体図を見てみよう。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊