不死鳥を託された男 醍醐大が放った 「唯一無二の先切り」 担当記者 ゆうせー【Mリーグ2023-24観戦記 2/8】

不死鳥を託された男
醍醐大が放った
「唯一無二の先切り」

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2024年2月8日

第1試合

東家:瑞原明奈U-NEXT Pirates
南家:勝又健志EX風林火山
西家:醍醐大セガサミーフェニックス
北家:瀬戸熊直樹TEAM RAIDEN / 雷電)

セガサミーフェニックスに今季から加入した、

「先切り十段」醍醐大

先打ちが得意なベテランプロと聞くと、アガリまでの道筋を序盤からガッツリ決めてかかるような、

「点ではなく線で打つタイプ」

と思われがちだ。

しかし、醍醐大は真逆のプレイヤーである。

それが如実に表れたのは、東4局

まず、

醍醐はここから、

【3マン】をツモ切った。

先切りは、枚数損と引き換えに「上手くいったときのリターン」をとりに行く打ち方だ。

枚数損が少なければ少ないほど、また決め打った部分が強ければ強いほど、効果は上がる。

この局面はどうだろうか。

ここでは、瑞原が第一打に【3マン】を切っており、【3マン】自体が残り1枚。枚数損は少ないと言えよう。

さらに、瑞原は【中】を鳴いてソウズのホンイツ模様だ。醍醐が決め打った【2マン】【5マン】は持っていないだろう。

また、上家の勝又が【1マン】からの切り出しをしているので、マンズの下の良さが際立っている。

【3マン】【4マン】ターツは

「最後にこの部分が残ったら強い」

と、言えよう。

もちろん、絵合わせ的な牌効率に背いているので、ロスがないわけではない。例えば、先に【4ソウ】【7ソウ】を引いたときには、トイツが【發】だけになって、【發】のポンテンが効かなくなる。

それも踏まえて、醍醐は「勝負」しているのである。

瑞原が染めているソウズを先に引きにくい、というのもあろうが、基本的に先切りは「リスクは承知の上で、自分が見たリターンを追い求める」という勝負打牌なのだ。

進めていこう。このあと、

瑞原はさらに【東】をポン。副露数に伴って、迫力も増していく。

醍醐がツモってきたのは、

今瑞原が切った【西】であった。

衝撃の打牌まで、あと1秒。

醍醐は、

なんと【6ソウ】を切った!!!

これはいわば「守備的な先切り」だ。

立体図を見てみよう。

ホンイツ濃厚の瑞原は2副露をしているが、まだ数牌が余ってきていない。

さらに、持っている孤立字牌の候補としては、ドラの【南】と役牌の【發】、オタ風の【北】と3種がある。

つまり、まだ数牌を切る段階に来ていないだけでなく、孤立字牌を抱えているパターンも多く残っているため、「瑞原はまだテンパイしていない可能性が高い」と読めるのである。

そして、今ソウズを逃がしてしまわなければ、このあとで打つのはリスクが大きい。

よって、【5ソウ】【6ソウ】を切るわけだが、

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/