沢崎誠、瀬戸熊直樹の追撃を尻目に、個人3位に浮上! MVPをうかがう!!

沢崎誠、

瀬戸熊直樹の追撃を尻目に、

個人3位に浮上し、

MVPをうかがう!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕53日目、第1戦は沢崎誠KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。4ホーラ0放銃での盤石のゲームメイクで沢崎が個人6勝目。トータル8位にあえぐ雷電・瀬戸熊が惜しくも2位につけた。

第1戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まりTEAM RAIDEN / 雷電・瀬戸熊直樹U-NEXT Pirates石橋伸洋、そして沢崎の4名。

東1局を、タンヤオ・赤1の2000点をアガった沢崎だったが、次局の親番はノーテンで流局。

東3局2本場、【北】【東】【白】と役牌を3つ鳴いた沢崎は最終的に【3ソウ】【6ソウ】のノベ単に受けて、【3ソウ】を南家・石橋から討ち取り。ホンイツ・赤1の12000点。沢崎のハードパンチが決まった。

南1局、沢崎が5巡目にテンパイ。チートイツ・赤1の【5マン】単騎待ち。ダマテンに構えていたところ、瀬戸熊のリーチが入った直後に【赤5マン】をツモアガリ。2000・4000を加点し、2番手の瀬戸熊の親を落とすことに成功する。

南3局には、瀬戸熊がハネマンをツモって沢崎に追いすがるが、オーラスは逆転手を入れた瀬戸熊、石橋の親リーチもなんのその。自力決着を図ってタンヤオの食い仕掛けに出る。

瀬戸熊のテンパイ打牌の【5ソウ】は、石橋・沢崎のアタリ牌。アタマハネで沢崎のアガリとなり、1000点で試合終了。沢崎が4ホーラ・0放銃の完璧な闘いぶりをみせて、個人6勝目をつかんだ。

沢崎はインタビューで、

「とりあえずチームで(2022年)初勝利ということですから、よかったですね。今日は5万5500点で終わると首位だな、と計算してたんですけどね(笑)。今年はやっぱりチームが決勝戦に行くよう元気よくいくのが目標です」

と語った。

【Result】
1着 沢崎誠サクラナイツ 4万3500点/+63.5
2着 瀬戸熊直樹・雷電 3万4900点/+14.9
3着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 1万9300点/▲20.7
4着 石橋伸洋・パイレーツ 2300点/▲57.7

【Total】
1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +251.7(53/90)
2位 セガサミーフェニックス +208.7(52/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +148.7(53/90)
4位 EX風林火山 +132.9(52/90)
5位 U-NEXT Pirates +39.7(53/90)
6位 渋谷ABEMAS +6.5(52/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲218.6(52/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲589.6(53/90)

大和証券 Mリーグ サクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vs雷電vsPirates

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
1月6日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:藤崎智
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ サクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vs雷電vsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!