堀慎吾と魚谷侑未の奏でた“不協和音のオーラス”【須田良規のMリーグ2021セレクト・1月3日】

堀慎吾魚谷侑未の奏でた
“不協和音のオーラス”

【須田良規のMリーグ2021セレクト・1月3日】文・須田良規

1月3日(月)、年明けの第1試合である。
このオーラス1本場に、絡み合うが決して交わらなかった、思考の螺旋が二人の選手にあった。

このときの点棒は、東家から、

セガサミーフェニックス魚谷侑未 45500
KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人 -3500
KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾 30200
渋谷ABEMAS多井隆晴 26800

と、魚谷がトップ目である。
そこに堀が15300差、多井は18700差、寿人は49000差という状況だ。

現状だと堀のハネツモ・満直くらいしか魚谷はまくられる心配はない。

ここに寿人から4巡目に【2マン】【5マン】待ちリーチ。

ドラは【5マン】である。箱下であり、寿人にとっては素点回復が目的だ。

これを受けた堀の一発目は

多井とは3400差なので、ここでただハネツモ不確定のまま寿人のリーチに打ち上げることは避けたい。

一旦端牌の【9マン】をトイツ落としで2巡をしのぎ、タンヤオ系でのハネツモを狙っていく。

そして8巡目、

多井がイーシャンテンとなって、【2ピン】を切る。
多井も寿人のリーチ棒が出たことにより、ハネツモでトップになる。

9巡目。

堀にテンパイ。リーチをすればカン【3ピン】のリーヅモタンヤオ赤赤ドラでハネツモだ。

しかしここで堀は、かなりの長考を入れる。
これは寿人のリーチの受けを考えているというよりは、
全く違う、何か別のことに、思考を巡らせているようだった。
多井に【3ピン】が固まっていることを読んでいるのか。
いや、何か、もっと他の──。

結局堀は【4ソウ】を切るも、その牌は縦。ダマテンを選択する。

やはり待ちに満足しないのか、手変わりを待っているのか。
それにしてはちょっと奇妙な間であった。

そしてそのまま数巡が過ぎ、13巡目。

堀が【2ピン】を引き入れ、今度は【4ピン】切りでリーチ。

【2ピン】【5ピン】【8ピン】待ちで、【2ピン】1枚【5ピン】1枚【8ピン】3枚の、計5枚残り。
【3ピン】【6ピン】に受けると待ちは3枚しかなく、
赤赤ドラなのでハネツモ狙いならタンピンに固執する必要はない、ベストの選択。

下家の多井もテンパって、3人目のリーチ。

こちらもハネツモだが、残念ながら山に待ちは残っていなかった。

この結末は、終盤堀が多井から【8ピン】の出アガリをし、マンガンの横移動で終局。

トップは魚谷の逃げ切り。

しかし試合終了後──、魚谷は深々と頭を下げて同卓者に謝罪した。

これは、この半荘中に切り間違いのノーテンリーチがあったためだ。

そのこと自体はただのヒューマンエラーであり、
もちろん出来得る限り避けなくてはならないが、長い競技人生にあっても仕方のないことではある。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!