【動】の松本吉弘 VS 【静】の滝沢和典 対照的な2人が繰り広げる 壮絶なデットヒート【Mリーグ2023-24観戦記 1/8】担当記者 #徳岡明信

【動】の松本吉弘
VS
【静】の滝沢和典
対照的な2人が繰り広げる
壮絶なデットヒート

文・徳岡明信【月曜担当ライター】2024年1月8日

謹賀新年、2024年もどうぞよろしくお願い致します。

お正月ムードも落ち着き、仕事初めで憂鬱の方も多いのではないか。
そんな1/8の月曜日、2024年のMリーグ3日目・第1試合が行われた。

東家:滝沢和典 (KONAMI麻雀格闘俱楽部)
南家:魚谷侑未 (セガサミーフェニックス)
西家:松本吉弘 (渋谷ABEMAS)
北家:二階堂瑠美(EX風林火山)

新年に相応しい華やかな豪華メンツでの対局だ。

この対局の見どころはそこだけではない。

現在ボーダーライン上のEX風林火山渋谷ABEMAS
更にはそれを追うセガサミーフェニックス
混沌としたボーダー争いの渦中にある3チームの直接対決だ。

これ以上のマイナスは許されない。
ABEMASの若武者、松本吉弘の試合前のポストを見て頂きたい。

短い言葉に込められた並々ならぬ気合い。
ここが勝負所だと見たか。

史上初の連覇へ、いざ先陣を切る。

 

突っ走れ!松本吉弘、躍動の攻め

その気合通り、序盤の主導権を握ったのは松本であった。

東2局に8000
東3局1本場には12000は12300とリズミカルに加点に成功する。

頭1つ抜け出して迎えた東3局2本場

ここまで松本に2連続で放銃している魚谷。
苦しい展開も決して自分のペースは崩さない。
【白】をポンしてホンイツのイーシャンテン。

そして最速のテンパイに辿り着く。

松本にもテンパイが入る。
【9マン】は自身で切っているのでここは【5マン】【8マン】待ちのピンフに構える。
しかし魚谷のマンズ仕掛けと色が被っているのでここはリーチといかずにダマテンを選択する。

滝沢も追いついてテンパイを入れる。
567の三色が確定しているドラ【2ピン】単騎の8000点テンパイだ。

次巡に松本のアガリ牌の【赤5マン】を吸収して小考する。
魚谷に【5マン】が危険なのはもちろんだが、
松本の最終手出しが【6マン】でそこからずっとツモ切りが続いている。

松本がテンパイしていると仮定すると
・魚谷の仕掛けと被るマンズ待ちの可能性が高い
・ドラ待ちならリーチにいっているのではないか。

読みを駆使してドラの【2ピン】を通して【5マン】【8マン】待ちでテンパイをキープする。

これで何と3人が【8マン】待ちとなった。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/