リスクとリターンの綱渡り!曲芸師・園田賢の超絶バランス感覚【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司




熱論!Mリーグ【Thu】

リスクとリターンの綱渡り!

曲芸師・園田賢の

超絶バランス感覚

文・真中彰司【木曜担当ライター】2019年10月17日

先週末、台風19号が襲来し、日本に大きな爪痕を残していったのは記憶に新しい。

麻雀界でも幾つかの放送対局やイベントが中止・延期に追い込まれた。

台風や地震においては、事前の備えがものを言う。

リスクマネジメントが出来ているかどうかで、その後の結果は大違いだ。

さて、これをMリーガーに例えるとどうだろうか?

Mリーガーの中でも、リスクマネジメントが特に完璧なのは、やはりこの選手だろう。

赤坂ドリブンズ・園田賢

昨シーズンのような切れ味は見せているが、今季は未だトップ無し。

最下位に沈むドリブンズを救えるか。

園田の登場した2戦目。まずは東1局1本場から。

まずは萩原が先行リーチ。

負けじと瑞原も萬子のホンイツで押し返している。

無筋のをプッシュ。

そこに無筋のを持ってきて少考。

自身はタンヤオ・ドラ3のイーシャンテン。

は2人に通りそうだが、このが厄介だ。

を暗槓する手もあったが、ここは無難に切り。

ところが次巡、をチーして切ったのは、中筋になっていた

萬子で染めている瑞原の最終手出しがだったため、を全く切らない手順にシフトチェンジしたのだ。

目の前に見えている満貫に溺れず、冷静に状況に対応している。

萩原と瑞原、2人のハリケーン攻勢を見事に躱す一手。

Mリーマン園田、絶妙なバランス感覚だ。

続いて東2局1本場。親の萩原がを2鳴きしている。

ここで園田、突如をポン!

ポンの発声の速さはMリーガーの中でも随一だ。

すぐさまもポン!

あっという間に園田流バック仕掛けの出来上がりだ。

そして単騎に待ちを変え、見事なツモアガリ!

萩原のドラ3の大物手を潰し、逆に自分の加点に繋げてしまった。

萩原のの2鳴きから、ドラ絡みの高打点、ということを読み取って即座のバック。

常識通りに面前で進めていたら、おそらく4000オールを引かれていたかもしれない。

Mリーマン・園田の危機察知能力が光る1局だった。

続いて自身の親番。大きく加点したいところだったが、萩原がチートイツ・ドラドラの単騎で早くもリーチ。

河にはと並び、変則手を匂わせるような状態になっている。

そこに園田が掴んだのは、自身で1打目に切っている

「切ってもおかしくない」と、解説の白鳥選手も半ば諦め気味。

ふと河を一瞥する…は通るのか?

誰もが息をのんだ瞬間、園田はそっと現物のを河に置いた。

自身は2着目の親番なのに、当たり牌のを打たない。

456の三色になったらは勝負しそうだが、それでもこの巡目で止まるのは驚異的だ。

南2局でも安易に現物のを切らずに、を引き入れて形テンで粘る。

この記事のタイトルとURLをコピーする