村上淳、 開局いきなりバイマン一閃!! リーチ超人の復活の兆し!?

村上淳、
開局いきなりバイマン一閃!!
リーチ超人の復活の兆し!?

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の28日目第1戦は、村上淳(赤坂ドリブンズ)がトップを獲得。村上は約1か月ぶりのトップ。長く8位にあえいでいたが、ようやく7位ABEMASのテールを捉えた。

1回戦の対局者は、U-NEXT Pirates・小林剛、セガサミーフェニックス・魚谷侑未、TEAM雷電・黒沢咲、そして村上

山場はいきなり訪れた。第1ツモでドラがアンコになった村上。8巡目にを引き入れて高目イーペーコー待ちでリーチ。そして14巡目に高目をツモアガリ。ウラドラ1枚を乗せて4000・8000! 目の覚めるアガリで大きなリードを築く。

東場の親でいきなりバイマンを親かぶった小林、しばしラス目に甘んじていたが、南2局に自風のをアンコにしたサンアンコーをテンパイして、そのままツモアガリ。マンガンのアガリで2着目に浮上。

2位に立った小林が、オーラス1本場に魚谷からピンフのみをアガってゲームセット。トップ村上・2位小林の着順が確定した。

勝利者インタビューで村上は「(チームが不調)とはいえ、ムードは明るくて、ポイントがマイナス200なんてよくあることなので、特にあせりなどはなかったです。(今日は)東発にバイマンをツモって、ほかの人に高いツモアガリがないという展開に恵まれて、ホッとしてます(笑)」と語った。

【Result】
1着 村上淳・赤坂ドリブンズ 4万900点/+60.9
2着 小林剛・U-NEXT Pirates 2万5900点/+5.9
3着 黒沢咲・TEAM雷電 1万8900点/▲21.1
4着 魚谷侑未・セガサミーフェニックス 1万4300点/▲45.7

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +170.5(28/90)
2位 EX風林火山 +132.2(28/90)
3位 TEAM雷電 +72.4(27/90)
4位 セガサミーフェニックス ▲23.7(27/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲25.9(27/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲33.4(28/90)
7位 渋谷ABEMAS ▲132.3(28/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲159.8(27/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

11月12日の対戦は
赤坂ドリブンズvsセガサミーフェニックスvs TEAM RAIDEN / 雷電vs U-NEXT Pirates

キャスト

赤坂ドリブンズ
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券Mリーグ2019 ドリブンズvsフェニックスvs雷電vs Pirates

この記事のタイトルとURLをコピーする