石橋伸洋、 超接戦を制して個人2勝目!! ロースコアトップを更新!!

石橋伸洋、
超接戦を制して個人2勝目!!
ロースコアトップを更新!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の28日目第2戦は、石橋伸洋(U-NEXT Pirates)がトップを獲得。
上下6000点差という大接戦のオーラス、ギリギリトップを守り切った石橋が、今期2勝目を獲得。同じパイレーツの小林が持つロースコアトップ記録をも更新した。

2回戦の対局者は、赤坂ドリブンズ・園田賢、セガサミーフェニックス・和久津晶、TEAM雷電・萩原聖人、そして石橋

開局は親の萩原がリーチ・ツモ・・赤1の4000オールで突き抜けたものの、他家も負けてはいない。

東3局には和久津がタンヤオ・ドラ3・赤1のマンガンをツモると、次局には石橋が早いリーチでドラ1・ウラ2のマンガンを萩原から討ち取り、トップが変わる。

南3局に園田が、リーチ・一発・ツモ・ピンフの1300・2600をアガると、トップ石橋が28,500点、ラスの和久津が22,500点という超僅差。

そのオーラス、和久津がツモれば逆転のピンフ・赤1をリーチするが、結果は流局。親の園田もテンパイを入れられず、石橋の逃げ切りトップとなった。

勝利者インタビューで石橋は「パイレーツらしく、最少スコアランキングをパイレーツで埋めたいと思います。今年は去年乗らなかったウラドラが乗って、素直にうれしいです(笑)」と語った。

【Result】
1着 石橋伸洋・U-NEXT Pirates 2万8500点/+48.5
2着 和久津晶・セガサミーフェニックス 2万4500点/+4.5
3着 園田賢・赤坂ドリブンズ 2万4000点/▲16.0
4着 萩原聖人・TEAM雷電 2万3000点/▲37.0

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +170.5(28/90)
2位 EX風林火山 +132.2(28/90)
3位 TEAM雷電 +35.4(28/90)
4位 U-NEXT Pirates 22.6(28/90)
5位 セガサミーフェニックス ▲19.2(28/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲33.4(28/90)
7位 渋谷ABEMAS ▲132.3(28/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲175.8(28/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

11月12日の対戦は
赤坂ドリブンズvsセガサミーフェニックスvs TEAM RAIDEN / 雷電vs U-NEXT Pirates

キャスト

赤坂ドリブンズ
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券Mリーグ2019 ドリブンズvsフェニックスvs雷電vs Pirates

この記事のタイトルとURLをコピーする