【動】の松本吉弘 VS 【静】の滝沢和典 対照的な2人が繰り広げる 壮絶なデットヒート【Mリーグ2023-24観戦記 1/8】担当記者 #徳岡明信

ここは決着つかずの流局となったが、非常に見応えのある一局であった。

続く東3局3本場

またも松本の手が止まる
くっつきのイーシャンテンでの浮き牌候補の選択だ。

一見【9ピン】切りがポピュラーな選択だが、
789の三色の可能性があり、なおかつ【7ピン】【8ピン】引きで三色が確定のテンパイが組める。
魚谷と瑠美が序盤に【9ピン】を切っていてピンズの上の場況がとても良く見える。

もう1点考慮したいのは下家の瑠美の捨て牌だ。
ソーズが1枚も切られていなく、ピンズの数牌から切り出しである。
更には打【3マン】でマンズも河に放たれ、ソーズのホンイツの可能性も出て来た。
現状2着目の瑠美に満貫クラスをアガられてしまうと自身のトップの行方も怪しくなってしまう。

松本の出した答えは打【4ピン】であった。

瑠美への警戒と場況でのアガリ易さの両方を兼ね備えてひねり出した一打だ。
これぞ松本の持ち味「ベストバランス」といった所か。

自風の【南】をポンしている瑠美。
絶好のドラの【1ソウ】を引き入れて満貫確定のテンパイだ。
ここで満貫をアガれば、2着争いから一歩抜け出せて試合運びが楽になる。

しかし追いついた松本から気合みなぎるリーチが飛んで来る。
【8ピン】が3枚切れになった所で【6ソウ】引きの変則3メンチャンの待ちなら文句無しであろう。

あっさり【3ピン】をツモ。
大きすぎる裏ドラ1枚で2000は2300オールのアガリで持ち点は60000点に迫る勢いだ。

牌に気合いを乗せて
それを我々視聴者に届けてくれる松本の姿に自然と感動を覚える。

【連覇】

という偉業達成に向けここが踏ん張り所だと設定した松本の勝負強さが光るここまでの戦い。

果たしてこのまま突き抜ける事が出来るのか。

食らいつけ! 滝沢和典、静かなる攻め

松本の独走に待ったをかけたのは滝沢であった。

東3局4本場
5巡目の滝沢のダマテンが入る。
ここは松本の親落としがテーマとなるだろう。

しかし抜け出した松本はガツガツと攻めていく。
ドラの【8ソウ】がトイツで、リャンメンチー発進だ。

このチーは他家にもプレッシャーがかかる。
点棒に余裕がある松本が安い仕掛けを入れていくとは考え辛いからだ。

このチーを見た滝沢はツモ切りリーチを敢行した。

松本の仕掛けがリャンメンチーからの発進なので
イーシャンテンなら場に多く切れている訳でも無いこのリャンメンはスルーするはずだ。

という読みを入れると、この時点ではテンパイが入っている可能性は低い。
ならばリーチで松本の足を止めるのが有効という判断だ。

6400は7600の収入も嬉しいが
ノリに乗っている松本の親番を落とすことが出来た事が大きい。

ここから静かなる滝沢の反撃が始まる。

超効率的な裏ドラ1枚を乗せた3000/6000のアガリで松本に急接近する。

松本が「動」ならば滝沢は「静」
ファイトスタイルが相対する2人、共通点はイケメンな2人。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/