強すぎるぞ、多井隆晴!! ラス目からの4連続和了で、ABEMAS 同日2連勝!! 早くも優勝にリーチか!?

強すぎるぞ、多井隆晴!!

ラス目からの4連続和了で、

ABEMAS 同日2連勝!!

早くも優勝にリーチか!?

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のファイナル2日目、第2戦は多井隆晴渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。東場はラス目に甘んじていた多井が、東4局1本場の一発ツモを皮切りに4連続和了を決めて、トップに駆け上がりそのままゴールイン。ABEMASが同日2連勝で、他チームを一気に引き離した。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ鈴木たろうEX風林火山勝又健志KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾、そして多井の4名。

先制したのは鈴木。流局で迎えた東2局1本場。多井の追いかけリーチを排しての、リーチ・ピンフ・ツモ・赤1の2600オールでトップ目に立つ。

しかし次局、北家・堀がドラの【發】を鳴いて、2000・4000のツモアガリ。鈴木の独走に待ったをかける。

東3局1本場は、ドラの【8ソウ】をポンした勝又と、堀・多井の2軒リーチがかかった三つ巴に。リーチの2者はともに【4ピン】【7ピン】待ち。軍配が上がったのは堀。【7ピン】をツモアガって、ピンフタンヤオ・赤1・ウラ1の3000・6000。これで堀がトップ目に立ち、親被った多井がラス目に。

しかし、ここから多井が覚醒する。

東4局1本場、ピンフ・赤1のテンパイをリーチ・一発・ツモに仕上げて2000・4000。

南1局、ライバル・堀の親番では【中】を一鳴きして、堀のメンホンを潰して2000点を堀から直撃。

南2局では、ダブ【南】を暗カンしてからのリーチ・一発・ツモ・ウラ1の3000・6000。これで堀に200点差をつけてのトップ目に浮上。

南3局の親番では、【東】ポン・【赤5ソウ】チーからホンイツへ。上家の鈴木のリーチを受けて、多井の一発目。

リーチには【1ソウ】【5ソウ】【北】が現物。

【3ソウ】【5ソウ】【7ソウ】【西】【西】【北】【北】【北】 ドラ【9ソウ】

この手から【7ソウ】を切ってカン【4ソウ】待ちテンパイに受ける。同巡、勝又が役無しながらペン【7ソウ】待ちでテンパイ。鈴木の河に【1ソウ】があることを頼みに、中筋の【4ソウ】を切って多井に放銃。

この12000点が決勝打となって、多井が逃げ切りトップとなった。

ABEMASは日向・多井のリレーで同日2連勝。下位チームに大きな差をつけることに成功した。

多井はインタビューで、

「1回戦の日向の応援でこんな(しゃがれた)声になってしまいまして体力がなかったんですけど、前半苦しくて’きっついなぁ’と思っていて、どこかで3着になるのを探してたんですよ。それが上手くいったのかもしれませんね。親番のチャンスまでに謙虚に打てたのが勝因のような気がします」

と語った。

▲圧巻のW【南】・一発・ツモ・ウラ1!

【Result】
1着 多井隆晴・ABEMAS 4万800点/+60.8
2着 堀慎吾サクラナイツ 2万9600点/+9.6
3着 鈴木たろう・ドリブンズ 1万8100点/▲21.9
4着 勝又健志・風林火山 1万1500点/▲48.5

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +320.2(4/12)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +162.4(4/12)
3位 EX風林火山 ▲20.5(4/12)
4位 赤坂ドリブンズ ▲74.4(4/12)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部
6位 TEAM RAIDEN/雷電
7位 U-NEXT Pirates
8位 セガサミーフェニックス

「朝日新聞Mリーグ2020 ファイナルシリーズ2日目」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMAS

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞 Mリーグ2020 ファイナルシリーズ」
5月11日の対戦は赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMAS

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!