日向藍子、値千金のフリテンツモ!! ABEMAS、ファイナル初勝利で他チームの追随を許さず!!

日向藍子、

値千金のフリテンツモ!!

ABEMAS、ファイナル初勝利で

他チームの追随を許さず!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のファイナル2日目、第1戦は日向藍子渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。大混戦となった第1試合を決めたのは、南3局の親番でフリテンのサンショク高目ツモのマンガンをアガった日向。2位にはドリブンズ・村上。初日2連勝の風林火山・二階堂は4位に沈んだ。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ村上淳EX風林火山二階堂亜樹KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠、そして日向の4名。

東2局1本場、二階堂が沢崎からリーチ・一発・赤1の8000点をアガり、二階堂のリードで風林火山が3連勝に向けて好発進を切る。

流局を挟んで迎えた東4局5本場。北家の日向が【發】・ドラ1の2000点を二階堂からアガって2000点プラス供託リーチ棒2本をスチール。日向がトップ目に立つ。

南1局、北家でラス目の沢崎が7巡目に先制リーチ。【白】【3ピン】のシャンポン待ち、ツモれば三暗刻の手。終盤に【白】をツモって2000・4000。一気に四者の混戦にもつれ込む。

次局、最後の親を落とされた村上がピンフタンヤオ・ドラ1・赤1のマンガン手をヤミテンに構えてツモアガリ。2000・4000でさらに大混戦に。

決定打が出たのは南3局。13巡目、親の日向がテンパイ。ピンフ・赤1・高め789サンショク【6ソウ】【9ソウ】待ち(ドラ【6ソウ】)。ただし高めの【9ソウ】は自身が4巡目に切っているフリテン。日向はヤミテンを選択し、次巡に高め【9ソウ】をツモアガリ。4000オールで一気に突き抜けた。

1本場でも日向は、沢崎のリーチを潰す、ツモ・【南】・赤1の2000オールをアガってダメ押し。

オーラスはラス親の沢崎が粘って、いっとき2着目に浮上するが、4本場で村上が2着逆転となるタンヤオ・赤2の5200を二階堂から仕留めて試合終了。

トータルトップのABEMASが、ファイナル初となる重い1勝を勝ち取った。

日向はインタビューで、

「フリテンリーチだったりリーチに追いかけるかで、どれも一発ツモのパターンがあったので、決めきる姿勢を貫こうと思って今日は打ちに行ったんですけど、リーチしたほうがよかったのか早く仲間に聞きにいきたいです」

と語った。

▲試合を決定づけたフリテン・高めツモアガリ

【Result】
1着 日向藍子・ABEMAS 4万100点/+60.1
2着 村上淳・ドリブンズ 2万7300点/+7.3
3着 沢崎誠サクラナイツ 2万2600点/▲17.4
4着 二階堂亜樹・風林火山 1万00点/▲50.0

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +259.4(3/12)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +152.8(3/12)
3位 EX風林火山 28.0(3/12)
4位 赤坂ドリブンズ ▲52.5(3/12)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部
6位 TEAM RAIDEN/雷電
7位 U-NEXT Pirates
8位 セガサミーフェニックス

「朝日新聞Mリーグ2020 ファイナルシリーズ2日目」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMAS

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞 Mリーグ2020 ファイナルシリーズ」
5月11日の対戦は赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMAS

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
実況:松嶋桃
解説:瀬戸熊直樹
解説:黒沢咲
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!