沢崎誠、何度離されても食らいつく!! 3度のサンショクで大トップ!! 「マムシの沢崎」が帰ってきたぞ!!

沢崎誠、

何度離されても食らいつく!!

3度のサンショクで大トップ!!

「マムシの沢崎」が帰ってきたぞ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕4日目、第2戦は沢崎誠KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。東場は松本と小林のマッチレース。そこに割って入った沢崎が大暴れ、僅差のトップに踊りでる。オーラスには2位小林から親マンガンをしとめて、マムシの沢崎の健在ぶりをアピールした。

第2戦の対局者は、渋谷ABEMAS松本吉弘、U−NEXT Pirates・小林剛TEAM RAIDEN / 雷電・萩原聖人そして沢崎の4名。

開局から試合は叩き合いの模様を呈する。

東1局は、チートイツ・赤1のリーチを小林が松本からアガって6400。

次局は親の松本のリーチ・ピンフ・ドラ1・赤1に追いかけようとした小林の宣言牌が刺さって12000。

その1本場は、松本のリーチに小林が真っ向勝負。安全パイをポンして、タンヤオトイトイ三暗刻・赤1のハネマンツモで一気に失点を取り返す。

そこに割って入ったのが沢崎。南1局の親の萩原のリーチに、ピンフ・確定サンショク・赤1・高めタンヤオで追いかけると、安めながら萩原から討ち取ってマンガン。小林との差をつめる。

次局には、沢崎はメンホン・赤1のヤミテンを萩原から仕留めてまたもマンガン。これでほぼ小林とは並びに。

ラス前には、小林が松本から親マンガンを直撃して、沢崎を突き放しにかかるが、1本場では沢崎がピンフサンショク・赤1のリーチをまたもや萩原から直撃して小林に食らいつく。

オーラスの8巡目、沢崎は123のサンショク・ドラ1のペン待ちでリーチ。16巡目、安全牌に窮した小林が3枚持ちのに手をかけて12000。これで事実上の決着。

なんと、沢崎が半荘1回で3回のサンショクを決めるという離れ業を成し遂げて、初登板・初トップを手にした。

沢崎はインタビューで、

「連対できれば十分でしたから、2番手であればラス親でしたからトップを目指さないとね。(今季は)一人(堀慎吾選手)加入してローテーションも減ってくるだろうし、回数も減るとは思いますけど。今日はたくさんついてました、次もがんばります」

と語った。

【Result】
1着 沢崎誠サクラナイツ 6万6400点/+86.4
2着 小林剛・パイレーツ 3万8400点/+18.4
3着 松本吉弘・ABEMAS 8300点/▲31.7
4着 萩原聖人・RAIDEN / 雷電 ▲1万3200点/▲73.1

【Total】
1位 EX風林火山 +100.1(4/90)
2位 赤坂ドリブンズ +83.8(4/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +77.8(4/90)
4位 セガサミーフェニックス +30.5(4/90)
5位 渋谷ABEMAS ▲41.9(4/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲56.5(4/90)
7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲62.6(4/90)
8位 U-NEXT Pirates ▲131.2(4/90)

「大和証券Mリーグ サクラナイツvs Pirates vs ABEMAS vs RAIDEN/雷電」

「大和証券 Mリーグ2020」 開幕4日目!
10月9日の対戦は
KADOKAWAサクラナイツvsU-NEXT Pirates vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
U-NEXT Pirates
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:小林未沙
解説:近藤誠一
レポーター:松本圭世

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!