黒沢咲、セレブ健在!! やっぱり雷電の麻雀は面白いんです!!

黒沢咲、

セレブ健在!!

やっぱり雷電の麻雀は

面白いんです!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕4日目、第1戦は黒沢咲TEAM RAIDEN / 雷電)が、トップを獲得。東場・南場の親番でマンガン・ハネマンをツモアガった黒沢が、セレブリティあふれる麻雀で初登板・初トップ。TEAM雷電にうれしい今季初勝利をもたらした。

第1戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ・堀慎吾、渋谷ABEMAS日向藍子、U−NEXT Pirates・朝倉康心、そして黒沢の4名。

東2局、親の朝倉が待ち、サンショクのリーチをかけると、なんと西家の黒沢は単騎待ちで追いかけリーチ! 3軒目のリーチ者・日向がを掴んで黒沢のアタマハネ! 3200のアガリで朝倉の大物手を潰す。

東4局1本場の自身の親番では、黒沢はリーチ・ツモ・赤2のマンガンツモでトップに立つ。

南3局、親の日向が粘って連荘、黒沢を捲くってトップに立つが、ラス親の黒沢がリーチ・一発・ツモ・ピンフ・ドラ2の6000オールをアガって、これが決定打に。

黒沢が、TEAM雷電に初勝利をもたらした。

黒沢はインタビューで、

「だいぶ麻雀からはなれていた時期があったので、本当に今日の登板を楽しみにしていて、楽しんで打ててトップが取れたので、最高の気持ちです。私はファイナルの舞台しか見えていないので、必ず決勝に行くっていう気持ちで闘ってたんですけど、その気持は3人共同じだと思いますので、今季は必ず行きたいと思います」

と語った。
【Result】
1着 黒沢咲・RAIDEN / 雷電 4万6800点/+66.8
2着 日向藍子・ABEMAS 2万7400点/+7.4
3着 堀慎吾・サクラナイツ 1万6800点/▲23.2
4着 朝倉康心・パイレーツ 9000点/▲51.0

【Total】
1位 EX風林火山 +100.1(4/90)
2位 赤坂ドリブンズ +83.8(4/90)
3位 セガサミーフェニックス +30.5(4/90)
4位 TEAM RAIDEN/雷電 +10.5(3/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ ▲8.6(3/90)
6位 渋谷ABEMAS ▲10.2(3/90)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲56.5(4/90)
8位 U-NEXT Pirates ▲149.6(3/90)

「大和証券Mリーグ サクラナイツvs Pirates vs ABEMAS vs RAIDEN/雷電」

「大和証券 Mリーグ2020」 開幕4日目!
10月9日の対戦は
KADOKAWAサクラナイツvsU-NEXT Pirates vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
U-NEXT Pirates
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:小林未沙
解説:近藤誠一
レポーター:松本圭世

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!