小林剛、全開! チンイツドラ押し、それゆけわれらのバトルロボ【Mリーグ2021観戦記1/13】担当記者:東川亮

小林剛、全開!
チンイツドラ押し、
それゆけわれらのバトルロボ

文・東川亮【月曜・木曜担当ライター】2022年1月13日

1/13、大和証券Mリーグ、第1試合。
U-NEXT Piratesは女海賊・瑞原明奈のトップ獲得で、首位までわずか0.7ポイントまで肉薄した。レギュラーシーズン首位となれば、2019年11月5日以来、なんと800日ぶりとなる。そんな重要な一戦は、我らが大船長・小林剛に託された。
さあ、海賊船は先頭に躍り出ることができるのか!?

「次回 麻雀ロボ・コバゴー、出撃」

第2回戦
東家:鈴木たろう(赤坂ドリブンズ)
南家:東城りおセガサミーフェニックス
西家:小林剛U-NEXT Pirates
北家:多井隆晴(渋谷ABEMAS)

東2局1本場
コバゴーは、5巡目にしてこの美しい1シャンテンを手に入れていた。リャンメンリャンメンに【3ソウ】【8ピン】の縦引きもOK、いわゆる「完全1シャンテン」と呼ばれる形である。リーチピンフドラ、タンヤオイーペーコー、遠くには三色もあり、夢は広がるばかりだ。

だが、コバゴーは【3ソウ】を鳴くのである。タンヤオドラ、2000点のリャンメン待ちテンパイ。

この局は、下家の多井が既に【7マン】をカンチャンで仕掛け、ドラそばの【2マン】も切っていた。相手のアガリが早そうということで、打点よりもアガリを重く見たのだろう。高打点よりも、相手のアガリを自身の速攻で潰す。これがコバゴーの基本姿勢だ。とは言え、並の打ち手であれば打点を見たくなるもの。1段目でこの仕掛けはなかなかできるものではない。

すぐに東城から出アガリして、2000は2300。今日もコバゴーは平常運転のようだ。

迎えた親番の東3局、コバゴーは1巡目にして【1マン】ポンから発進した。だが、ご覧の通り手の内は決していいとは言えず、打点も見えない。【白】を重ねるか、手役ならチャンタジュンチャン三色同刻などが見えるが、いずれにしてもまだまだ遠い。

コバゴーは「鳴かなければ門前で行ってオリるだけになりそう、それなら鳴いた方がまだマシかな、ぐらい」と語る。ただ、これももう少し様子は見たいところ。これを躊躇なく動けるのがコバゴーなのである。

そこから河に【4ソウ】【4マン】【6ソウ】【3マン】と並べるコバゴー。【6ソウ】以外は手出しである。

多井が「何やってんだ?」とばかりにツモりながら河を凝視。

チャンタ系の手であれば字牌はそう簡単に切れないし、現状はまだ打点も形も不十分。とすると、字牌はまだ切れない。

コバゴー、そうこうしているうちに1シャンテン。【1ソウ】を先に切って【白】を引っ張ったのは、場に見えていない【白】を引っ張ることで相手に切らせず、手を止めたまま自分はテンパイにたどり着こう、という狙いだろう。

【9ピン】引きでテンパイが広がり、ここで【白】切り。これを東城が鳴いて応戦、テンパイを入れる。

その後、東城から【7ソウ】が出てテンパイ。【9ピン】を切ればジュンチャン三色のテンパイとなるが・・・

コバゴー、場に4枚目となる【8ピン】切り。【1ピン】【9ピン】のシャンポン待ちに受ける。コバゴーいわく、「鳴いて【9ピン】切りはペン【7ピン】待ちがかなり読まれそう、それなら【9ピン】は読まれてももう一つの待ちを絞らせない方がいい」としたとのこと。仕掛けた以上、考えるべきは打点よりもアガリやすさなのである。

これに困ってしまったのが、ブルーヘアー東城。

【2ピン】【5ピン】待ちから【1ピン】をつかみ、いったんは【4ピン】切りでこらえたものの、さらに【3ピン】を引いてしまった。【8ピン】【9ピン】【9ピン】からの【8ピン】切りで【9ピン】のトイツ以上は読めていたとしても、それが雀頭なのか待ちなのかまでは断定できない。そして自身で3枚抱えた【3ピン】は、ピンズの下が場に全く切られておらず、いかにもペンチャン待ちとしてありそうなところである。

故に【1ピン】

そしてコバゴーが2900の出アガリ。打点よりもアガリに照準を合わせた手組みが光る。

南1局1本場、ここまでの間に多井が大きく加点し、トップ目に立っている。
2番手のコバゴーは、カン【3マン】チーから発進。

さらに【8マン】ポン。【4マン】を切ればタンヤオのテンパイであるが、チンイツが見えるだけに切りたくはない。だが、そこはコバゴー、まずはテンパイを・・・

とらない! ここは【6ピン】切りでテンパイ外し、チンイツへ向かった!

コバゴー、高打点モードだ!

まあ、冷静に考えれば、出アガリ1000点の愚形テンパイである。対してチンイツに向かえば8000、かなりついてきそうなタンヤオも絡めれば12000の1シャンテン。手の価値が8倍、12倍ともなれば、さすがのコバゴーだって戦闘体勢である。とは言え、それでもテンパイをとるのではないかと思わせてくれるのが、麻雀ロボ・コバゴーなのだ。

コバゴー、一気に加速! すぐにタンヤオチンイツ、12000テンパイ!

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!