U-NEXT Piratesのパーフェクト・スター 瑞原明奈がMリーグの一番星になった夜【Mリーグ2021観戦記1/13】担当記者:ゆうせー

U-NEXT Piratesの

パーフェクト・スター

瑞原明奈がMリーグの

一番星になった夜

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2022年1月13日

1位、3位(同率)、6位、7位の対決。セミファイナルへのボーダーを巡っての、中盤の山場と言えるだろう。

そんな第1試合、U-NEXT Piarateの先発を任されたのは、

気高き女海賊、瑞原明奈

1戦目

東家 瑞原明奈(U-NEXT Pirates)
南家 園田賢(赤坂ドリブンズ)
西家 松本吉弘(渋谷ABEMAS)
北家 近藤誠一(セガサミーフェニックス)

解説 河野直也  実況 日吉辰哉

瑞原は仕掛けも多用するPirates選手陣の中で、門前リーチ寄りの手順を踏むことが最も多い選手である。

東2局は、

ピンズの一気通貫を睨みつつ、【9ピン】を残して打【中】

東2局2本場も、

オタ風の【南】より先に役牌の【中】を切る。相手が【中】を重ねる前に、もしくはポン出来るような手格好が整うまでに、【中】を処理。

ドラの【7ピン】も含めて真ん中寄りの牌が多く、十分に伸びが見込めるこの手。相手を「リーチの土俵」に乗せて、『一緒に門前で勝負しようね!』という作戦だ。

8巡目に、

期待通りの伸びを見せてテンパイ! 【6マン】【9マン】待ちでリーチ敢行だ。

じっと手牌を見つめる瑞原。

鳴いて勝負に出た松本から【9マン】が打たれる。リーチピンフ赤赤、8000は8600のアガリとなった。

瑞原は、堅実な判断をすることの多いPirates選手陣の中において、強気な選択を見せることも多い。

私は以前、とある女流プロの方から『明奈ちゃん、押しが強いからねー』という話を聞いたことがある。

瑞原が天鳳をプレイしているときの打ち筋と、Piratesの選手になってから昨年度までのMリーグでの打牌を見ている限りでは、「押しが強い」という印象を私は持っていなかった。だが、今季の姿を見ていると、話に聞くような元来持ち合わせていた攻撃力が、Mリーグの舞台で発揮され出したように感じる。

東3局は、

園田が早い巡目から【2マン】をチー。

瑞原は膨れながらも、

ション牌の【發】をプッシュ! 自身の手は2メンツ。見えないものにおびえずに、役牌を打ち抜いていく。「同団体の先輩でもある園田は遠めの仕掛けもする。だからむやみに絞らない」という人読みもあったか。

さらにこのあと、

対面の松本から親リーチがかかる。何を切るか…。

立体図ではこのような感じだ。黄色っぽくなっている牌がツモ切り、明るい【白】の牌が手出しとなっている。

現物はあるが、こちらもイーシャンテンだ。どうする。

瑞原の選択は、

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!