手数で押し込んだ浅井裕介、安定(⁉︎)の大逆転劇を魅せた近藤誠一 いざ波乱の決勝卓へ…‼︎麻雀最強戦2020「超攻撃型プロ決戦」観戦記【B卓】

手数で押し込んだ浅井裕介、

安定(⁉︎)の大逆転劇を

魅せた近藤誠一 

いざ波乱の決勝卓へ…‼︎

麻雀最強戦2020

「超攻撃型プロ決戦」

【B卓】担当記者:渡邉浩史郎 2020年2月16日(日)

今年も最強を決める闘いが始まった!!

その初回となる本日、超攻撃型プロ決戦と銘打って集められた8人の雀士がファイナル進出を賭けて戦う。

予選B卓には以下の4人が集まった。

メンチンのバビィ、馬場裕一!!

言わずと知れた有名プロ雀士。2017年の最強戦ではファイナル決勝に進出し、オーラス、アガリにこそ結びつかなかったものの、倍満条件をクリアする感動的な染め手で我々を魅了してくれた。今年こそメンチンを武器に最強を獲得するか。

日本一キレやすいプロ雀士、浅井裕介!!

その肩書のインパクトが目を引く、こちらも最強戦常連の人気プロ。

2018年の最強戦では箱下の状態で馬場から国士無双をアガるも、結果は3着。放銃した馬場とともに予選敗退という憂き目にあった。

そんな馬場との同卓、今度こそは優勝を決める国士無双を見せられるか。

大魔神の系譜、近藤誠一!!

もはや話題に上がらない日はない最高最強Mリーガー。2019年の最強戦でもファイナル決勝まで進んだ、まさに最強の一角にふさわしい雀士だろう。

麻雀入道、紺野真太郎!!

男子プレミアトーナメントを勝ちあがった2018年の最強戦。ファイナル予選、東1局からいきなり近藤に国士無双を放銃してしまう。

このままでは終われない。近藤に、そして最強位にリベンジするべく入道が牙を剥く!

(※誰もがビビりあがりそうな入場シーンでしたが、優しい笑顔も見せてくれました)

最強戦で生まれた国士無双をめぐる因縁の関係をもとに組まれたB卓。早速見ていこう。

【東1局】

開局、紺野に勝負手が入る。

その配牌がこちら。役牌が暗刻でドラのが二枚、両面二つ。打点もスピードも兼ね備えている。

親の近藤からドラのが出るが……

これをスルー!!筆者はこのとき、リーチをかけて跳満以上でアガることを見据えた、攻撃的な選択であると考えていた。

ペンと最速のテンパイを入れる。ここは当然リーチ……

!?ダマだ!!

対局後の振り返りで、「自分の戦い方ではこうする」と言った。

そう、今回は国士無双の因縁で超攻撃型プロ決戦に入れられた紺野だが、実際はかなりの守備型なのだ。

ドラを打ってきて手出しも濃い親の近藤から火の手が上がる前に、他家からのアガリを拾おうという考えだろうか。いきなりオリジナリティが見える選択であった。

もちろんツモれば満貫だということも考慮にあっただろう。ここは紺野の満貫のツモアガリで局が進む。

【東2局】

この局最初に動いたのは近藤。

をポンして両面落とし。ソウズのホンイツまっしぐらだ。

こちらは同巡親の馬場。テンパイ外しで、ここは打点と形を見た選択をしていく。

狙いの一つであるを引き入れてリーチ!

そこに踏み込んだのが浅井!丁寧に手を進めて作った三色確定・高めチャンタの勝負手。打ちだすはドラだが当然ここは勝負だ!

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!