友添敏之、忍耐の末に探り当てた決勝への道筋 #麻雀最強戦2022 【ファイナル 2nd Stage】観戦記【A卓】担当記者 #東川亮

友添敏之、
忍耐の末に探り当てた
決勝への道筋

【A卓】担当記者:東川亮 2022年12月11日(日)

麻雀最強戦2022。今年もプロアマを問わず、数多くの麻雀打ちがこの舞台に挑んできた(筆者もその一人である)。ファイナル2ndStageに駒を進めたのは、わずか8名。運の要素が大きい麻雀において、実力と運、そして勝利への思いを強く携えた8名である。しかし、最強の称号が与えられるのはただ一人。最後の戦いへと駒を進めるべく、おそらく2度とないであろう組み合わせの対局が始まる。


友添敏之
麻雀プロとしての活躍と独自のアプローチで「男子プロ魂の一打」へのエントリーを勝ち取り、Mリーガー6名が集まった大会で優勝。今年の麻雀最強戦における「顔」の一人となった。だが、あくまでも目指すは最強位。ここもまだ、通過点だ。


ももたん
アマチュア最強位が、2年連続でファイナル2ndStageへと進出。舞台の大きさはあれど、やることは同じ麻雀である。自身の歩んで来た競技麻雀道の行く末を、自らの目で見届けよう。


丸山奏子
Mリーガーに大抜擢されてから3年、シンデレラガールは麻雀プロとして実力とキャリアを積み、最強戦ファイナルの舞台へ登場した。自身が今だ手にしていないタイトルを、この手で掴みにいく。


瀬戸熊直樹
現・最強位は1stStageでの苦戦を、自らの力でこじ開けて勝ち上がった。この1年、最強位としてできる限りのことはやってきた。彼の仕事はあと一つ、現行システムになってから初の連覇を成し遂げることだけだ。

瀬戸熊直樹・麻雀最強戦モード


開局から4分弱、最初にアガったのは瀬戸熊。【中】を暗刻にし、【8マン】をポンしてテンパイを取ると、すぐに友添から出た【3ピン】捉えた。ただ、打点は1000点である。どっしりと構えて高打点を狙う瀬戸熊のイメージとは少し違う軽いアガリだが、ライバルの親は、つぶせるときに確実につぶす。これが一発勝負の麻雀最強戦、そして2位まで勝ち上がれるレギュレーション上の戦略ということか。

東2局。4トイツの瀬戸熊のところにシュンツが完成する【5ピン】が来ると、【6ピン】【6ピン】【7ピン】から【6ピン】を切ってメンツを固定。現状ドラも赤もない手で、チートイツはテンパイしにくいし打点もあまり期待できない。それであれば、横に延ばしてよりテンパイ、アガリに近づけていく方針。もちろん、門前手順にもぬかりはない。

手牌をしっかりと横に伸ばし切ってテンパイ、即リーチ。

待ちの【3マン】【6マン】は山の残り枚数こそ少なかったが、ゼロではなかった。ラスト1枚をツモって1300オールは1400オール。瀬戸熊が少しずつ加点をしていく。

次局、ももたんが先制のカン【8ピン】待ちリーチ。

【白】ドラ1でダマテンなら3200スタート、待ちのカン【8ピン】は1枚切れだが、ピンズの上目を早い段階で2人が切っていて、場況がいいと判断したか。

【8ピン】は丸山の手の内に1枚あり、

瀬戸熊の次のツモが【8ピン】だった。いずれもダマテンなら打たれてもおかしくなかった。リーチで打点を上げて下2人を突き放そうという思考だったと思われるが、やや裏目に出た格好。

瀬戸熊は最後の【8ピン】を引き入れて出ない形にし、最終的にテンパイして連荘に成功。細かい加点をしながら、徐々に自分にとって有利な状況を築き上げていく。

天秤は揺れども傾かず

その後、試合は小さなアガリの応酬となった。

東2局3本場は友添が瀬戸熊から1000は1900を出アガリ。

東3局は瀬戸熊が丸山に1000点を放銃。

東4局は丸山がももたんからリーチピンフの2000点を出アガリ。

南1局では友添が丸山から1000点を出アガリ。大物手の気配を漂わせる打ち手もいたが、小さなアガリばかりで局がどんどんと進んでいく。

南2局も友添がチートイツのドラ待ちテンパイを入れたが、

仕掛けた瀬戸熊がももたんから1500のアガリ。最少、あるいはそれに近いロンアガリの連続は、まるでゆらゆらと揺れる天秤のようである。

崩れる均衡、抜け出るアフロ

このような均衡は、突如として崩れるものだ。その予兆がただよい始めた南2局1本場。瀬戸熊が678三色の見える1シャンテン、ドラも使える形。

丸山も好形変化が多い手格好となり、虎の子の安全牌【發】を消費して、目いっぱいに構えた。既に丸山に親番はなく、こうなったらもう、何も逃せない。

だが、先手を取ったのはももたん。ピンフドラ1のリャンメン待ちリーチは、道中で【北】をトイツ落としで待ちと打点をしっかりと狙った手順によるもの。

退いた瀬戸熊、粘りたい丸山を尻目にツモアガリ。裏ドラは乗らずとも1300-2600は1400-2700、ももたんが2番手に浮上した。

南3局、丸山はドラの【白】がトイツ。他の形もそこそこまとまっていて、仕上げれば一気に逆転通過も見えてくる手だ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \「麻雀最強戦2022」DVD新刊予約受付中!/