丸山奏子、Mリーグのシンデレラ




初代チャンピオンチームの紅一点

丸山奏子は、2019のMリーグドラフトにおいてビッグサプライズでシンデレラストーリーを体現した最高位戦日本プロ麻雀協会に所属する女流麻雀プロである。愛称は「まるこ」

雀荘ウエイトレスの仕事に興味が湧き麻雀の世界に入った丸山奏子は、競技麻雀を始めたことにより1日のイベントではなくリーグ戦で戦ってみたいと考えプロの道を志した。

肉が好きで、好きな男性のタイプは「優しさが嫌味っぽくない人」らしい。麻雀においては「強い人が見ている世界を見たい」とのことで、Mリーグ初代チャンピオンチームでの活躍を期待したい。

麻雀プロになってからまだ日も浅く実績はないが、将来性を買われて赤坂ドリブンズのドラフト指名を受けた。麻雀は園田賢鈴木たろう村上淳の三人が本気で教えます!とドリブンズの監督はコメントしている。

丸山奏子プロフィール

生年月日 1993年8月17日
出身地 北海道
プロ入会 2018年
所属プロ団体 最高位戦日本プロ麻雀協会
所属Mリーグチーム 赤坂ドリブンズ
Twitter 丸山奏子@pinpin_maruko

丸山奏子 タイトル歴

なし

丸山奏子 Mリーグ戦績

『Mリーグ2018』
【レギュラーシーズン成績】 出場無し
【ファイナルシリーズ成績】 出場無し

『Mリーグ2019』
【レギュラーシーズン成績】 出場
【ファイナルシリーズ成績】

「不安材料」が「希望の星」 に変わった一日。丸山奏子、奇跡のジャイアントキリング!【熱論!Mリーグ】担当記者:ZERO

この記事のタイトルとURLをコピーする