丸山奏子、 オーラス倍マンツモの大逆転トップ!! ドリブンズの秘密兵器が鮮烈デビュー!!




丸山奏子、
オーラス倍マンツモの大逆転トップ!!
ドリブンズの秘密兵器が鮮烈デビュー!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の19日目第1戦は、丸山奏子(赤坂ドリブンズ)がトップを獲得。満を持して投入された丸山が、初登場で見逃しフリテンからのバイマンツモという劇的な大逆転で、初トップを獲得。チームは最下位を脱し7位に浮上した。

1回戦の対局者は、EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)、渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)、そして丸山

東2局1本場、多井と丸山のリーチ合戦は丸山がツモアガリで制した。ピンフ・ドラ1にウラドラを1枚乗せて2000・4000。丸山のMリーグ初アガリとなった。

南1局は、親の丸山のリーチに多井がリーチで逆襲。今度は多井のツモアガリとなった。リーチ・ツモ・赤2のマンガンのお返しのプレゼント。

南2局1本場、丸山をポン、カンチーと仕掛けてホンイツの3900を、佐々木から討ち取る。

2番手につけた丸山だったが、南3局1本場の佐々木のドラ切りリーチに、ドラをポンして対抗するが結果は放銃。佐々木のツモリ四暗刻・赤1の手に12000を献上してしまいラス目に落ちる。

南4局2本場、トップの滝沢とラス目の丸山の点差は1万9200点。逆転にはバイマンのツモアガリが必要という状況。そんな丸山が8巡目にリーチをかける。

リーチ・ピンフ・イッツー・ドラ1・赤2の超大物手。ツモれば文句なく大逆転だ。待ちのが、佐々木から放たれる。アガればラス抜け、ウラが1枚でも乗れば2着浮上だ。

しかし丸山、これを平然と見逃す。

そして丸山、自身の最後のツモ番でをツモアガリ! 見事バイマンを成就して、Mリーグ初出場・初トップを勝ち取った。

勝利者インタビューで丸山は「昨日までは不安でしたが、今日(試合が)始まる直前はけっこう落ち着いてました。(オーラス)見逃したのが正解かはわかりませんが、トップをとれてホッとしていますと喜びを語った。

▲視聴者に大きなインパクトを与えた丸山の見逃しからの倍ツモトップ

【Result】
1着 丸山奏子・赤坂ドリブンズ 3万2700点/+52.7
2着 滝沢和典・EX風林火山 2万7100点/+7.1
3着 多井隆晴・渋谷ABEMAS 2万6700点/▲13.3
4着 佐々木寿人・KONAMI麻雀格闘倶楽部 1万3500点/▲46.5

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +136.5(18/90)
2位 EX風林火山 +84.0(19/90)
3位 渋谷ABEMAS +53.3(19/90)
4位 TEAM雷電 +50.5(18/90)
5位 セガサミーフェニックス +29.8(18/90)
6位 U-NEXT Pirates 25.4(18/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲169.2(19/90)
8位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲210.3(19/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

10月29日の対戦は
赤坂ドリブンズvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsEX風林火山vs 渋谷ABEMAS

キャスト

赤坂ドリブンズ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
EX風林火山
渋谷ABEMAS
実況:小林未沙
解説:石橋伸洋
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券Mリーグ2019ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vs風林火山vsABEMAS

この記事のタイトルとURLをコピーする