U-NEXTパイレーツ・石橋伸洋 快心のハネ満直撃!トップ目を沈没させる巧妙なヤミテン【Mリーガー29人の名手】

パイレーツ・石橋伸洋

快心のハネ満直撃!

トップ目を沈没させる

巧妙なヤミテン

【Mリーガー29人の名手】

Mリーグ2019 11/21

第2試合 南2局 ドラ

東家 黒沢咲TEAM雷電

11400

南家 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部

14300

西家 石橋伸洋U-NEXTパイレーツ

28700

北家 日向藍子渋谷ABEMAS

45600

トップ目の北家・日向を16900点差で追う西家・石橋。他家の先行リーチや仕掛けのないところで、8巡目に高目が789の三色になるピンフドラ3のテンパイを入れた。これをアガれば2着以上は固いという状況だが、石橋の決断はリーチ?それともヤミテン?

 

 

「トップ目の心理を読んだ巧妙なヤミテン」

石橋はここでヤミテンを選択。でアガっても満貫止まり。日向から出れば嬉しいが、黒沢や佐々木からアガってもまだトップには届かない。倍ツモならトップ逆転する手だけに、ついリーチをかけたくなるものだが、石橋はそこをぐっと堪えた。というのは、日向からを直撃できる可能性を下げたくないからだ。

子にとって一番嫌なのが親リーチ。だからそれに備えて親の現物か通りやすい牌を1牌は持ちたい。南場のトップ目ならその気持ちはより強くなる。

この局、親の黒沢は第一打がで、その外のは安全牌候補になりやすい。だが、自分がリーチといえばはまず出ない。だからこそのヤミテンなのだ。

 

この展開読みが見事にハマり、直後に石橋は日向から高目を討ち取ったのである。

 

Mリーガー全29人の

名手を収録した

小冊子付き「近代麻雀」

発売中‼︎

 

東川亮

赤入り麻雀、東天紅(三人麻雀)などを愛する、さいたま市在住の麻雀ファン。本業はフリーのライター。飯田橋にあるセット雀荘「麻雀ロン」にて、オーナーである麻雀解説者・梶本琢程氏との接点が生まれ、その縁をきっかけとしてキンマWebにてライター活動を開始した。
ひがし@Twitter

  • 雀荘感想キャンペーン
    Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!