瑞原明奈、 岡田とのマッチレースを逃げ切り、 バースデートップを奪取!!

瑞原明奈、
岡田とのマッチレースを逃げ切り、
バースデートップを奪取!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の32日目第1戦は、瑞原明奈(U-NEXT Pirates)がトップを獲得。本日が誕生日の瑞原は今期9戦4勝と上々の成績。チーム順位も1つ上げて3位となった。

1回戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ・岡田紗佳、渋谷ABEMAS・松本吉弘、セガサミーフェニックス・近藤誠一、そして瑞原

東2局2本場に、親の瑞原はリーチをかけて岡田から7700を討ち取ると、東3局5本場はリーチ・ピンフ・ドラ1・赤1・ウラ1のマンガンを松本から徴収。

東4局1本場は、近藤からイッツ―・赤1の5200と、全員から点棒のプレゼントを回収する。

しかし南1局、親の岡田がリーチ・ピンフ・ツモ・ドラ1・赤1・ウラ1の6000オールを決めると、場は一気に瑞原と岡田のマッチレースに。

オーラスを迎えて、トップ瑞原と2着岡田の差は3800点。先制したのは岡田。リーチ・タンヤオのツモるか直撃すれば逆転の手。しかし、待ちのを切ったのは、ラス親でテンパイの入った松本。岡田はウラドラに期待して手牌を倒すが、ウラドラはなし。

瑞原の逃げ切りトップで、見事4勝目となるバースデーを勝利で飾った。

勝利者インタビューで瑞原は「(対局が)終わったときにバースデートップと言われるまで、すっかり忘れてました。ケーキも用意していただいてお祝いしていただきました。今日同卓していた松本選手が、おめでとうのラインをくれたんですが、パイレーツの3人は誰もラインはくれませんでした(笑)」と語った。

【Result】
1着 瑞原明奈・U-NEXT Pirates 3万7000点/+57.0
2着 岡田紗佳・KADOKAWAサクラナイツ 3万5800点/+15.8
3着 近藤誠一・セガサミーフェニックス 1万6000点/▲24.0
4着 松本吉弘・渋谷ABEMAS 1万1200点/▲48.8

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +200.9(31/90)
2位 EX風林火山 +190.2(32/90)
3位 U-NEXT Pirates +70.0(31/90)
4位 セガサミーフェニックス ▲6.0(31/90)
5位 TEAM雷電 ▲25.8(32/90)
6位 赤坂ドリブンズ ▲102.6(32/90)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲150.2(32/90)
8位 渋谷ABEMAS ▲176.5(31/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

11月19日の対戦は
KADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMAS vsセガサミーフェニックスvs U-NEXT Pirates

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
U-NEXT Pirates
実況:小林未沙
解説:滝沢和典
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ2019 KADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMAS vsセガサミーフェニックスvs U-NEXT Pirates

この記事のタイトルとURLをコピーする