堀慎吾、南場のアガリラッシュでサクラナイツ首位へ!!【Mリーグ2021-22 ファイナル】

堀慎吾、

南場のアガリラッシュで

サクラナイツ首位へ!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021ファイナルシリーズ」の5日目、第2戦は堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。ただ一人連闘となった堀が、南場の連続加点で2勝目を勝ち取ってフェニックスを微差でかわして首位となった。

第2戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まり渋谷ABEMAS松本吉弘セガサミーフェニックス茅森早香、そしての4名。

全員が2万点台で迎えた南2局。親の堀が喰い仕掛けてのタンヤオ・ドラ3を高宮から討ち取って12000点。堀が親マンガンをゲットし、局面が大きく動く。

南3局11巡目、堀がタンヤオ・赤1の【7マン】単騎待ちから、【1ソウ】【4ソウ】【7ソウ】待ちにチェンジして【1ソウ】を一発ツモ。2000・4000を加点し、トップをもぎ取った。

この結果、サクラナイツはフェニックスと2.6ポイント差のトップに立ち、明日の最終日に臨む。

堀はインタビューで、

「大事な場面でまかせてもらったので、1回めがライバルのフェニックスに上にいかれてしまうという最悪の3着という結果だったので、とりあえずいったんここで並べてほっとしてます」

と語った。

【Result】
1着 堀慎吾サクラナイツ 4万7000点/+67.0
2着 茅森早香・フェニックス 2万3600点/▲6.4
2着 松本吉弘・ABEMAS 2万3600点/▲6.4
4着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 5800点/▲54.2

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +208.8(10/12)
2位 セガサミーフェニックス +206.2(10/12)
3位 渋谷ABEMAS +103.8(10/12)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲179.9(10/12)

朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ5日目

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ」
4月25日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
実況:日吉辰哉
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ5日目

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!