絶対にトップを仲間の元へ持ち帰る 信頼を力に変え、多井隆晴は可能性をつないだ【Mリーグ2021-22ファイナル観戦記4/25】担当記者:東川亮

絶対にトップを
仲間の元へ持ち帰る
信頼を力に変え
多井隆晴は可能性をつないだ

文・東川亮【月曜・木曜担当ライター】2022年4月25日

多井隆晴、ポストシーズンの苦悩。

昨シーズン、優勝を託されたファイナル最後の5連闘。
多井は、トップはおろか2着すら一度も取れず、敗北の屈辱にまみれた。

そして今シーズン、4年連続4度目の出場となった朝日新聞Mリーグ2021-22ファイナル。ここでも多井は2戦に出場し、4着、4着。決して多井の麻雀がファイナルで乱れたわけではないが、それでも、残酷な結果が続いた。

現在3位で残り4戦、落とせば優勝の可能性が限りなく小さくなる試合。それでもチームは多井を信頼し、卓へと送り出した。

「トップしか考えていない」
ここで勝たずして、最速最強は名乗れない。

第1試合
東家:堀慎吾(KADOKAWAサクラナイツ)
南家:多井隆晴渋谷ABEMAS
西家:佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部
北家:魚谷侑未セガサミーフェニックス

多井隆晴の苦悩は続く

東2局1本場、多井にとって大事にしたい親番だったが、堀、寿人のリーチを受けてしまった。ただ、自身の手もドラが1枚、あるいはピンフや三色などもある、勝負したい形。

「おそらく先手は取られるが、いつもの僕なら簡単にオリているけど、今日は押し返す」
トップ取りのためには、どこかで踏み込まなければならない。ならば、ここも強く行くのか。粘るならば【8ソウ】、あるいは【1ピン】か。

どれだけ押したい理由があっても、無理なものは無理なのだ。自身が無謀と思う押しで放銃してしまえば、おそらく多井は多井でなくなる。2回しかない親番の1回を放棄し、彼はチャンスを待った。

このとき、先制リーチの堀の待ちは、多井が一発でつかんだ【5ソウ】【8ソウ】

追っかけリーチの寿人は、粘るなら押し出されてもおかしくない、【1ピン】【4ピン】待ちだった。ポストシーズンの多井を象徴するかのような展開の悪さ。しかし多井も、もちろん他のMリーガーたちも、不運を不運で片づけるだけの麻雀は打っていない。

堀慎吾、勝つために呼ばれた男の意地

堀と寿人のリーチ対決は、堀が制した。ツモって1000-2000は1100-2100。

次局は魚谷からタンヤオピンフドラ赤赤の8000を出アガリ。

魚谷の4000オールで差を詰められた東4局1本場、引いた【7ソウ】を残し、【2マン】3枚見えで景色のいい【1マン】【4マン】受けを固定。

次巡、残した【7ソウ】を重ねてテンパイ、先制リーチ。

親の魚谷が強気の押しから同じ【1マン】【4マン】待ちリーチで追っかけてくるも、引き勝って2000-4000は2100-4100。後続を突き放す。

昨シーズン、KADOKAWAサクラナイツは準優勝だった。外野からすれば上々の成績に見えるが、優勝するためのポイントゲッターとして呼ばれた男は、「優勝できなかったなら負け、その結果がただただ悔しい」と、笑顔なく語った。勝って存在価値を示してきた男は、昨年の轍を踏むまいと、足のケガを押して出場しながら、したたかに勝利を積み重ねようとしていた。

南1局1本場は、多井が魚谷からリーチチートイツ、3200は3500を出アガリ。当面のライバル・フェニックスが3番手に後退する。堀にとっては理想的な展開である。

耐えに耐え、勝機をつかんだ最速最強

トップを取るなら、南2局の親番は東場のようには手放せない。多井は、2巡目に切られた場風の南から仕掛けた。とりあえず1シャンテン、連荘すれば、次局に大物手が入るかもしれない。

さらに【白】をポン。打点は現状2900だが、普段は軽々に仕掛けない多井の2フーロだけに、周りはそれ以上の圧を感じていたと思われる。

堀はドラの【1マン】を引き、あっさりとメンツを崩し、守備モードに入る。ここで親と戦う理由は全くない。

当初は安かった多井の手は、【赤5ソウ】引きによってパワーアップ。【9ソウ】も引き、満貫の気配も少しずつ帯びてきた。

堀から【4ソウ】が鳴け、まずは単騎テンパイ。現状【南】【白】赤の5800だが、

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!