堀慎吾、リーチ・ツモの積極果敢な攻勢で、4勝目獲得!! 神田明神、マジ半端ねぇ!!

堀慎吾、

リーチ・ツモの積極果敢な

攻勢で、4勝目獲得!!

神田明神、マジ半端ねぇ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020の開幕44日目、第1戦は堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。序盤リードした瑞原を、堀がリーチ・ツモ攻勢で南場に逆点してそのまま逃げ切ってゴールイン。堀が4勝目を獲得し、サクラナイツはカットラインまであとわずかまで上昇した。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ園田賢KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人U-NEXT Pirates瑞原明奈、そして堀の4名。

東1局は流局、以降は瑞原が連続マンガンをツモアガって、瑞原のリードで迎えた東3局。9巡目に北家の堀がリーチ。ピンフ。終盤でをツモってウラ1の1300・2600。ドラのをうまく処理できた1局。

南2局、8巡目にリーチをかけたのはまたも堀。ピンフ待ち。これを一発でツモ。2600オールで瑞原をかわしてトップに立つ。

同1本場は、南家・瑞原と北家・佐々木のリーチ合戦。瑞原のアタリ牌を使い切って、タンヤオ・ツモり三暗刻で追いかけた佐々木に、瑞原が一発放銃。5200点のアガりで佐々木も上位陣に食い込んでくる。

オーラス1本場、ここまで音無しのだった親の園田が4巡目にチー、6巡目にをポンしてホンイツ・赤1のカン待ち、12000点のテンパイ。は牌山に3枚残っている。

しかし7巡目、佐々木からリーチ。ハネマンツモか堀からのマンガン直撃でトップとなる。このリーチに、3900点をアガればトップの瑞原が前に出てを切ると、これが佐々木のアタリ牌。ピンフ・ドラ1・赤1の8000点で、トップには及ばずながら佐々木が2着に浮上して試合終了。堀の4勝目獲得となった。

堀はインタビューで、

「(神田明神に)お参りに行ってきたんですよ。それから調子いいですね。最近ようやくチームが調子出てきたので、これからもみんなでがんがん勝っていきたいと思います」

と語った。

【Result】
1着 堀慎吾サクラナイツ 3万4100点/+54.1
2着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 3万1700点/+11.7
3着 瑞原明奈・パイレーツ 1万9000点/▲21.0
4着 園田賢・ドリブンズ 1万5200点/▲44.8

【Total】
1位 EX風林火山 +336.4(44/90)
2位 渋谷ABEMAS +267.8(44/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 144.6(43/90)
4位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲77.4(44/90)
5位 赤坂ドリブンズ ▲90.6(43/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲127.1(43/90)
7位 KADOKAWAサクラナイツ ▲128.4(43/90)
8位 セガサミーフェニックス ▲325.3(44/90)

「大和証券Mリーグ2020 ドリブンズvsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsPirates」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
12月18日の対戦は赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsU-NEXT Pirates

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:渋川難波
レポーター:伊藤友里
(C) M.LEAGUE

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!