【EMリーグ2019】近代麻雀は誰の挑戦でも受ける!! 快進撃で予選リーグ突破!!




7月某日、当編集部に一通の挑戦状が届いた。

差出人は「EMリーグ運営委員会」とある。なになに? EMリーグとは何ぞ!?

EMリーグとはすなわち、エンジョイマージャンリーグの略称。どうやらアマチュアのチーム対抗リーグ戦へのお誘いのようだ。

リーグスローガン

1.麻雀を健康な頭脳ゲームとして真摯に楽しむ

2.同卓する相手に最大限の敬意を払う

3.全チーム一丸となってEMリーグを盛り上げる

すばらしいお題目ではないか。このスローガンに、一もにもなく賛同した星野編集長以下キンマweb班は、さっそく参加の意向を伝え、予選リーグに臨んだ。

会場は渋谷にあるエンジョイマージャンエフ

▲熱気あふれる会場

なんとMリーグからはテレビ朝日のEX風林火山チームが後援として参加しており、EMリーグを盛り上げてくれているとのこと。

▲二階堂亜樹プロとキンマweb小井戸隊員(手前)の直接対決!

各節3半荘、予選16節に参加したのは全30チーム。

みな麻雀を愛する、純粋に勝負を楽しむ、アマチュアリズムにあふれた、とても雰囲気の良い予選会であった。

▲二階堂プロの卓は会場でモニタ観戦可能。

さて、星野編集長と小井戸隊員の奮戦の結果、キンマwebチームはなんと、予選を堂々4位通過!! この記事も完全な自慢、マッチポンプとなってしまった。

▲星野編集長は思わぬ(?)大活躍でチームを予選突破に導いた(左)

★が予選通過 ☆は敗者復活枠

さて決勝リーグは明日8月24日。結果如何では、また星野編集長の命令でマッチポンプ記事を書くことになるのかもしれない。

それはさておき、アマチュアチームによるリーグ戦という試みは、とても楽しいイベントなのでEMリーグは今後とも引き続き開催されることを望む次第である。