萩原聖人、開局猛攻3連続和了!! 雷電、4位へランクアップ!!【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

萩原聖人、

開局猛攻3連続和了!!

雷電、4位へランクアップ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の34日目、第2戦は萩原聖人TEAM RAIDEN / 雷電)が、トップを獲得。開局、小林からリャンペーコー・ドラ2をヤミテンで仕留め、その後も連続でハネマン・マンガンとアガリを決めた萩原が、今季3勝目を勝ち取った。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ渡辺太KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾U-NEXT Pirates小林剛、そして萩原の4名。

東1局、北家・萩原がリャンペーコー・ドラ2のペン【3ピン】待ちを小林から仕留めて8000点。

東2局、8巡目に萩原が先制リーチ。ドラ3・赤1の【4ソウ】【7ソウ】待ち。10巡目に小林が追いかけリーチをかける。待ちは同じく【4ソウ】【7ソウ】。萩原が11巡目に【4ソウ】を引き寄せて決着。3000・6000で萩原が大きくリードを広げる。

東3局、萩原の5巡目リーチはドラの【白】単騎待ち。安全牌に窮した小林から【白】がこぼれて、ドラ2・赤1の8000点。萩原が大物手を3連続で成就させる。

この3度のアガリで萩原が逃げ切りトップを決めて、個人3勝目を獲得した。

萩原はインタビューで、

「誰がやってもトップでしょ(苦笑)。東1局のペン【3ピン】に関してはひねったりする手順もあったのかもしれないんだけど、素直に打ったらああなってああなっただけで、もうなんか5年やっててこんなにツモ効く日が俺にも来たと。バカヅキじゃないかって言ってる人もいると思うんですけど、今日は許してやってください」

と語った。

【Result】
1着 萩原聖人・雷電 4万8200点/+68.2
2着 堀慎吾サクラナイツ 2万9400点/+9.4
3着 渡辺太・ドリブンズ 2万1300点/▲18.7
4着 小林剛・Pirates 1100点/▲58.9

【Total】
1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +274.5(30/96)
2位 U-NEXT Pirates +196.1(30/96)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +128.6(30/96)
4位 TEAM RAIDEN / 雷電 +127.7(32/96)
5位 渋谷ABEMAS +88.4(30/96)
6位 EX風林火山 +36.0(30/96)
7位 赤坂ドリブンズ ▲121.3(30/96)
8位 BEAST Japanext ▲301.1(30/96)
9位 セガサミーフェニックス ▲428.9(30/96)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvs雷電vsPirates

11月14日(火) 19:00 〜 11月15日(水) 00:00

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:藤崎智
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラ ナイツvs雷電vsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/