二階堂亜樹、盤石のトップで首位奪還!!

二階堂亜樹、
盤石のトップで
首位奪還!!

3月3日に行われたプロ麻雀リーグ「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」。
その2日目1回戦は、EX風林火山・二階堂亜樹(日本プロ麻雀連盟)がトップを獲得。

対局者は、
渋谷abemas・松本吉弘(日本プロ麻雀協会)、
KONAMI 麻雀格闘倶楽部・前原雄大(日本プロ麻雀連盟)、
赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)、
そして二階堂。

並びは、前原・松本・村上・二階堂。

開局の二階堂と松本のリーチ合戦は、二階堂に軍配が上がる。
リーチ・ドラ1・赤1・ウラ1のマンガン直撃。

東3局、二階堂はドラのを暗槓してリーチ。
松本に追いかけられるも、難なくツモアガリ。
裏ドラを雀頭に乗せて、4000・8000の大きなアガリ。

南1局には、二階堂はさらに追加点。
前原からリーチ・ドラ1・ウラ1の5200点をアガって、トップを確たるものにした。

二階堂は勝利者インタビューで、
「ポイントを持った状態でのスタートなので焦りはありませんでしたが、(ドリブンズに)3連勝されて勢いづかれるといやだなと思ってました。」
と語った。

【Result】
1着 EX風林火山・二階堂亜樹(日本プロ麻雀連盟) 5万3200点/+73.2
2着 KONAMI 麻雀格闘倶楽部・前原雄大(日本プロ麻雀連盟) 2万8800点/+8.8
3着 赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会) 1万1300点/▲28.7
4着 渋谷ABEMAS・松本吉弘(日本プロ麻雀協会) 6700点/▲53.3

【Total】
1位 EX風林火山 +165.2(4/24)
2位 赤坂ドリブンズ +150.1(4/24)
3位 KONAMI 麻雀格闘倶楽部 ▲4.0(4/24)
4位 渋谷ABEMAS ▲62.8(4/24)

◆大和証券Mリーグ2018 4チームが24試合を行い、優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ2日目

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」

この記事のタイトルとURLをコピーする