狂暴バンビが牙をむく 生き残りを賭けた 杉浦まゆのドラ切りリーチ #麻雀最強戦2022 【 #女流プロ最強新世代 】観戦記【B卓】担当記者 #徳岡明信

狂暴バンビが牙をむく
生き残りを賭けた
杉浦まゆのドラ切りリーチ

【B卓】担当記者:徳岡明信 2022年8月14日(日)

麻雀最強戦2022 女流プロ最強新世代

予選会を勝ち抜いた8名の新鋭が、最強位と新世代の先頭を賭けて凌ぎを削る。
SNSでは各自のアピール力などが話題になったが、本番はもちろん今宵だ。
己の麻雀を存分に発揮してアピールして頂こう。

辻斬りモモンガ、辻百華

東1局
最初に飛び出したのはキャッチフレーズはモモンガなのに全身パンダを身に纏いやってきたこの方。

辻 百華 (最高位戦日本プロ麻雀協会所属) Twitter
普段は大手雀荘チェーン店である「マーチャオカプリコン秋葉原禁煙店」で勤務している辻。家出をしてまで麻雀プロを目指す程の麻雀バカ(最高位戦内では麻雀バカは誉め言葉である)の辻。SNSや紹介インタビューでこの予選にかける思いも大きいのは重々に伝わってきた。

マイホームも最強位も茨の道だが着実に近づいている。

そんな辻が【8ソウ】ポンから発進して、パンダの大好きな竹(ソーズ)のホンイツへと向かう

と、思いきや道中重なった【7マン】を残してトイトイに方向転換。

見事に【7マン】でフィニッシュ。
【發】トイトイの5200点で幸先の良いスタートダッシュを飾る。

インタビューの明るさを全く感じさせない辻の表情がとても印象的だった。
応援してくれる方への恩返しとして本気で勝ちたいその気持ちが表情からひしひしと伝わってくる。

高円寺の全ツッパ女王 西城凛

東2局

2枚切れの安全牌の【白】は持たずに、ぶくぶくに構えるとても強気な姿勢のこの方。

西城 凛(日本プロ麻雀連盟) Twitter

キャッチフレーズに劣ることの無い強気な姿勢で麻雀を打つ西城。

手役を追い求めるのが好きで、より手役に比重が重い連盟公式ルールの方がアドレナリンが出るから移籍したという西城。表現のインパクトもさることながら、この行動力も全ツッパ女王の名を引き立たせるにはもってこいである。

そんな手役大好き西城の東2局1本場

567の三色を強く見てカン【5マン】ダマテンとする。

次巡に【8マン】を引いて567の目が無くなったのでリーチに踏みきった。

口角が上がって女王は少し不服そうな表情をした。

このカン【7マン】を捉えてリーチのみ2000は2300で親番をつなぎ、

続く東2局2本場では
リーチ・ツモ・タンヤオピンフ・ドラの4000は4200オールをツモアガって、頭2つ程抜け出した状態になった。

狂暴バンビ 杉浦まゆ

前述の辻、西城の手に飛び込んでしまったのはこの方。

杉浦 まゆ(日本プロ麻雀連盟) Twitter
普段は神田にある雀荘「麻雀にゃお」にて店長を務める杉浦。
自団体の女流リーグでは最高峰のAリーグに在籍し、放送対局経験も多い。
しかし今日の杉浦は緊張している様にも感じた。

西城のリーチに【7マン】をオリ打ちしてしまった杉浦の表情はかなり辛そうだった。

【3ピン】は4枚切れの価値の無いテンパイに持ってきたのは自ら【5マン】を暗カンしてる所の【8マン】
ノーチャンスかつ、復活も見込んで搾りだした【7マン】だった。
この放銃を誰が責めれるか。しかしアガり点以上にダメージを負った事は容易に想像できる。
今日の杉浦はキツイか…。視聴者は誰もがそう思った。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \「麻雀最強戦2022」DVD新刊予約受付中!/