【麻雀最強戦2019】優勝は高橋侑希プロ(日本プロ麻雀連盟)!!女流プレミアトーナメント脅威のツッパリ




本日3月16日(土)15時より、「麻雀最強戦2019 女流プレミアトーナメント 脅威のツッパリ」が行われた(司会:小山剛志/アシスタント:鈴木ふみ奈/実況:梅中悠介/解説:二階堂亜樹近藤誠一)。その模様はAbemaTV麻雀チャンネルにて生配信され、高橋侑希プロ(日本プロ麻雀連盟)が優勝した。

優勝したプロは、4月20日に行われる「麻雀最強戦2019 女流プレミアトーナメント決勝」に出場することになる。

本日の対戦は「麻雀最強戦2019」の第2戦。

女流プレミアトーナメントは、32名の女流プロからただ1人の勝ち上がり者を決める過酷なトーンメント戦。

本日対局したのは次の8名。A卓B卓から半荘1回戦で上位2名が勝ち上がり。決勝戦半荘1回で勝者が決する。

【A卓】 高宮まり 佐月麻理子 水瀬夏海 高橋侑希
【B卓】 西嶋ゆかり 池沢麻奈美 山脇千文美 米崎奈棋

A卓からは佐月・高橋が勝ち上がり、B卓からは西嶋・米崎が勝ち上がった。

▲A卓1位・佐月プロ
▲A卓2位・高橋プロ
▲B卓1位・西嶋プロ
▲B卓2位・米崎プロ

決勝戦は、佐月・西嶋・高橋・米崎の並びでスタート。

東1局、親の佐月がドラのを切ると、すでにを鳴いていた高橋がポン。
いきなりぶつかり合いになる。
先制を取ったのは佐月。
待ちのピンフでリーチ。
高橋も同じ待ちで、ほどなくテンパイ。
米崎もホンイツのテンパイ。
結果は佐月がをツモ。裏ドラを1枚乗せて2600オールで先行する。

東2局、米崎のリーチに高橋が飛び込み、リーチ・・ウラ1の5200。
これで米崎が僅差で佐月を捲くってトップ目に立つ。

しかし東3局、事件は起こった。
佐月にドラのアンコのヤミテンが、早々に入る。
それに追いついたのが高橋。アンコの待ちでリーチ。
それを捌こうと、西嶋が一気通貫のチーテンを入れる。

この三つ巴を制したのは高橋。
を暗カンすると、新ドラが自らにアンコの
数巡後にをツモアガリ。するとなんと裏ドラもがもろ乗り!
リーチ・ツモ・・ドラ3・ウラ3の8000オール。
一撃で高橋が、回復に成功する。

高橋はその後、東4局、南1局とツモアガって局面をリードする。

オーラスを迎えての点棒状況は次の通り。

佐月  10,300
西嶋  36,200
高橋  46,200
米崎     7,300

高橋に配牌でのアンコの好配牌。
しかし米崎がをポン、チー、ポンでファーストテンパイをゲット。
佐月から2900をアガって、連荘に成功する。

同1本場、13巡目に先制リーチをかけたのは米崎。
待ちのタンヤオピンフ
しかし、これは1人テンパイで流局。

この記事のタイトルとURLをコピーする