朝倉康心「大四喜」成就! 開局早々の快挙に卓上も卓外も一時騒然‼︎ 麻雀最強戦2020「最強の麻雀戦術本プロ決戦」観戦記【B卓】

朝倉康心「大四喜」成就!

開局早々の快挙に

卓上も卓外も一時騒然‼︎

麻雀最強戦2020

最強の麻雀戦術本プロ決戦

【B卓】担当記者:山﨑和也 2020年5月10日(日)

本記事では麻雀最強戦2020【最強の麻雀戦術本プロ決戦】<B卓>の模様をお送りする。まずは選手紹介から。といっても読者の皆様はもうすっかりおなじみかと思うので、さらっと画像のみで紹介する。

 

 

 

実績も経験も十分の4人が集った。実はこの4人、Mリーグの渋谷ABEMASの2人とU-NEXT Piratesの2人である。Mリーガー対決でありながら、Mリーグでは絶対に実現しないマッチアップとなった。果たしてチームメイト相手にどう打ち回すのか。

本日の解説は多井隆晴プロ、実況は日吉辰哉プロ。このご時世にまさにぴったりの人選となった。暗い自粛ムードをふっ飛ばして盛り上がること間違いなしである。

今回は全員マスク着用でアクリル板を挟んでの対局となった。

まずは東1局をお送りしたい。

親の朝倉康心の手はこちら。真っ先に「小四喜っぽい。小四喜!」と多井プロが声を上げた。しかし「よーく見ると悪いですね」(日吉プロ)という配牌であるため、現実的には索子の混一色が本線といえそうだ。朝倉の初手は打

が出たのを鳴いて一歩前進。手牌を索子で固めていく。萬子をひたすら並べているのはギリギリまで筒子の可能性を残している。細かいところだが鳴きやすくするテクニックだ。

を引いて日吉プロの声のトーンが上がった。若干だがあの役が見えてきている。を切りそうなところで朝倉は打を選択。ペンチャンを払うことで対々和の線も見えてきた。がまだ場に出ていないのも要因といえるか。

朝倉を見て各者は当然意識を向ける。白鳥翔を手にしたままキープ。後にこのがドラマを生むことになる。

朝倉の上家である石橋伸洋を切った。鳴かれる心配もあるがを残したままでは自身のアガりが難しく、まだ前を向く時間帯であると見た。

朝倉の手が進む。と切ったため、周りからも「整っているのだな」と判断できる。これを見てか石橋も次巡で現物のを切った。朝倉を全員が警戒している。

そこで朝倉はひとつテクニックを見せた。をツモって打としたのだ。は不要牌かつ両面を崩すので大胆な一着。しかしあとから手出しにすることによって、混一色以外の可能性も見せているのである。

続いてなんとをツモった。視聴者が皆、役満の可能性を意識したことだろう。この時点では山に2枚ずつ残っている。「ある?」「本当にありますよ!」と解説席も盛り上がった。

朝倉に対抗できそうだったのが松本吉弘。急所のを引いて安全牌の(朝倉がポンしている)を切った。

同じく白鳥も十分な手格好に。問題は生牌。ロンはもちろん、鳴かれても味が悪い。

を残して打はテンパイで打つ方針のようだ。

「これはいいバランスだね。ベストバランス!」(多井プロ)

「違う人の言ってる!」(日吉プロ)

「いーやきたっ!」(日吉プロ)

ここで朝倉は打。これに白鳥はボンテン取らじ。

白鳥がドラを引いた。を切ればテンパイだ。そして待ちは。朝倉はそのを間違いなくポンして打のはず。つまりを切れば白鳥の2600のアガりで決着だ。白鳥が手を止める。どうする。

解説席では結論が出た。

切ります」

を切ったとしても、白鳥の目から4枚の待ちの内3枚が目に見えているからだ。

「これ切ったらマジ勝っちゃうよ!」(日吉プロ)

「切らないねぇー切らないねぇー」(日吉プロ)

で決着はつかず。

  • 雀荘感想キャンペーン
    Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!