敗れし強者たち【瀬戸熊直樹】

最強戦ファイナルを戦った選手は対局中に何を考え、どう決断していたか? 気になる局面をピックアップし、直接選手に聞いてみた!

麻雀最強戦ファイナルへの道は決して容易ではない。その舞台に5年連続で立った男がいる。1人は鈴木たろう。雀王4連覇で4年連続のファイナル出場権を得た。今年、雀王のタイトルは失冠したがサイバーエージェントカップ準優勝+鈴木達也のダブルタイトル(近代麻雀プレミアリーグ・サイバーエージェントカップ優勝)によって奇跡の復活出場(詳細はこちら)となる。そして、もう1人が瀬戸熊直樹である。瀬戸熊の場合、鳳凰位・十段位・新鋭プロ代表決定戦・鉄人プロ代表決定戦・男性プロ代表決定戦雷神編というように毎年のように出場過程が異なっている。各代表決定戦は常に8分の1の戦いで、それを毎年勝ち上がってくるのは実力のみならず、瀬戸熊の最強位に賭ける執念がなせる業ではないだろうか。
fa0096d653d06a75a3ea2c4bd9e01439d28af544
とりわけ、今年の男性プロ代表決定戦雷神編で見せた多井隆晴とのライバル対決は死闘ともいえる内容で、いまだ記憶に残っている人も多いだろう。

その瀬戸熊の5度めの挑戦は、木原浩一・鈴木たろう和泉由希子・瀬戸熊という並びで始まった。
362e219520002438aeac3df791272ee464407dde
「ラス親を引いた瞬間、どういう気持ちになりましたか?」

瀬戸熊「正直何家でもいいと思っていたので、そんなに喜ぶとかは、ありませんでした。ただ、他の人は、ラス親になりたそうだったので、その辺りの精神的には少し優位になれたかなと。あと、ラス親の利点はフルに活用しようと思ってました」

(このつづきは麻雀最強戦チャンネルでお読みください。)

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です