麻雀最強戦2019女流プレミアトーナメント「脅威のツッパリ」観戦記【A卓編】女流ツッパリ大戦開幕!交錯する互いのリーチ棒

麻雀最強戦2019

女流プレミアトーナメント

「脅威のツッパリ」A卓編

女流ツッパリ大戦開幕!

交錯する互いのリーチ棒

【A卓】担当記者:真中彰司2019年3月16日(土)

 

Mリーグのファイナルシリーズも前半戦が終了し、選手たちは調整期間に入った。

だがしかし、ファンに休む暇を与えないのが麻雀チャンネル。

女流プレミアトーナメント第2ブロックが開幕した。

テーマは『脅威のツッパリ』

というわけで、ツッパることを愛してやまない対局者を紹介しよう。

まずは前回の決勝進出者、高宮まり

チームガラクタ(前原雄大佐々木寿人)直伝のツッパリが炸裂するか。

 

続いて夕刊フジ杯2017個人戦優勝、水瀬夏海

過去の放送対局の打ち筋を見る限り、全然ピヨピヨじゃないのだが…笑

ヨーロッパに移住する姉・水瀬千尋の分まで暴れられるか!?

 

3人目は2016年の最強戦ガールズ西日本担当、高橋侑希

2年前はトーナメント決勝に進出するも、水口美香の前に敗れ去った。

水口が再び決勝にコマを進めた今、立ち止まるわけにはいかない。

 

最後は第14期女流雀王・第26期麻雀マスターズの佐月麻里子

数々のタイトルを獲得してきた実力派だが、実は最強戦は全て予選敗退。

今年こそはと、最強戦でも輝きたい思いは強いだろう。

 

それぞれの思いを胸に、サイコロは回り始めた。

まずは東1局、親の高宮にいきなりイーシャンテンの好配牌。

すぐに浮き牌にくっついてリーチがかかる、と想定していただろう。

しかしが被り、までも被るという、意地悪なツモが続く。

手順上は仕方ないことなのだが、どうにも感触が悪い。

それでもなんとか手を進め、のシャンポン待ちでリーチ。

他の3者としては、2着まで通過できるため

「親に放銃すると致命傷だから、まだ無理はしなくていい」

と考えて、震える子羊のように降りるのが普通だろう。

しかし今日の相手は子羊ではなく、果敢に突き進むライオンだった。

まずは高橋がピンフのみの待ちで追っかけリーチ!

呼応するかのように佐月も大きく振りかぶり、カン待ちでリーチ!

ここまでカンの役無しのダマテンにしていた水瀬。

いてもたってもいられず、「私を忘れないでよ!」とツモ切りリーチ。

1次ツッパリ大戦開幕!

それぞれの存在感を主張した4本のリーチ棒が、卓上で交錯した。

そして長い人差し指の先に現れたのは、なんとドラ表示牌の

リーチ合戦は佐月が制し、7000点の収入を得たはずだった…

 

この記事のタイトルとURLをコピーする