麻雀最強戦2019女流プレミアトーナメント「脅威のツッパリ」観戦記【A卓編】女流ツッパリ大戦開幕!交錯する互いのリーチ棒

麻雀最強戦2019

女流プレミアトーナメント

「脅威のツッパリ」A卓編

女流ツッパリ大戦開幕!

交錯する互いのリーチ棒

【A卓】担当記者:真中彰司2019年3月16日(土)

 

Mリーグのファイナルシリーズも前半戦が終了し、選手たちは調整期間に入った。

だがしかし、ファンに休む暇を与えないのが麻雀チャンネル。

女流プレミアトーナメント第2ブロックが開幕した。

テーマは『脅威のツッパリ』

というわけで、ツッパることを愛してやまない対局者を紹介しよう。

まずは前回の決勝進出者、高宮まり

チームガラクタ(前原雄大・佐々木寿人)直伝のツッパリが炸裂するか。

 

続いて夕刊フジ杯2017個人戦優勝、水瀬夏海

過去の放送対局の打ち筋を見る限り、全然ピヨピヨじゃないのだが…笑

ヨーロッパに移住する姉・水瀬千尋の分まで暴れられるか!?

 

3人目は2016年の最強戦ガールズ西日本担当、高橋侑希

2年前はトーナメント決勝に進出するも、水口美香の前に敗れ去った。

水口が再び決勝にコマを進めた今、立ち止まるわけにはいかない。

 

最後は第14期女流雀王・第26期麻雀マスターズの佐月麻里子

数々のタイトルを獲得してきた実力派だが、実は最強戦は全て予選敗退。

今年こそはと、最強戦でも輝きたい思いは強いだろう。

 

それぞれの思いを胸に、サイコロは回り始めた。

まずは東1局、親の高宮にいきなりイーシャンテンの好配牌。

すぐに浮き牌にくっついてリーチがかかる、と想定していただろう。

しかしが被り、までも被るという、意地悪なツモが続く。

手順上は仕方ないことなのだが、どうにも感触が悪い。

それでもなんとか手を進め、のシャンポン待ちでリーチ。

他の3者としては、2着まで通過できるため

「親に放銃すると致命傷だから、まだ無理はしなくていい」

と考えて、震える子羊のように降りるのが普通だろう。

しかし今日の相手は子羊ではなく、果敢に突き進むライオンだった。

まずは高橋がピンフのみの待ちで追っかけリーチ!

呼応するかのように佐月も大きく振りかぶり、カン待ちでリーチ!

ここまでカンの役無しのダマテンにしていた水瀬。

いてもたってもいられず、「私を忘れないでよ!」とツモ切りリーチ。

1次ツッパリ大戦開幕!

それぞれの存在感を主張した4本のリーチ棒が、卓上で交錯した。

そして長い人差し指の先に現れたのは、なんとドラ表示牌の

リーチ合戦は佐月が制し、7000点の収入を得たはずだった…

 

「なんと裏3!!」

解説席から梅中アナの絶叫が響き渡る。

望外の裏3で持ち点を4万点に乗せ、佐月が一気にこの半荘の主導権を握った。

 

しかし簡単には終わらないのが最強戦。

いきなり親被りに遭った高宮も、1300-2600をツモって必死に喰らいつく。

 

場面は東3局1本場に移り、まだまだ激戦が続く。

親の高橋が待ちでドラ切りリーチをかけると…

 

そのドラを北家の水瀬がポンして、満貫確定のイーシャンテンに。

更に佐月もタンヤオのみでチーテンを入れ、

待ちに。

2次ツッパリ大戦開幕!

他の3人が動いたとあっては、高宮も黙ってはいられない。

をチーしてカン、三色のみのテンパイを入れる。

 

これには視聴者も盛り上がったが、水瀬が音速でツモ切ったで佐月に放銃。

第2次ツッパリ対戦は、わずか5秒で終わりを告げた。

 

半荘は南場に入るも、高宮・水瀬の夕刊フジ杯コンビには厳しい展開に。

高宮は2連続で放銃して2着からラスに転落してしまう。

 

親番が無くなってしまった水瀬は、このドラ対子の手で逆転を狙うが…

佐月にあっさり捌かれてしまい、不発に終わる。

そして迎えたオーラス。高宮は跳満ツモ、水瀬は満貫ツモ条件。

高宮はドラを使って、更にリーチ以外で3翻作る必要がある。

水瀬はとにかく手役を作ってリーチという構えで、チャンタに寄せていく。

高橋もドラが対子で、自力でアガリが狙える手牌。

放銃に細心の注意を払いながら、ひたすらリーチが来ないことを祈る。

そして8巡目、高宮には勝負の、高橋にとっては地獄のテンパイが入る。

リーチ・一通・ドラ1のカン待ち。

一発ツモか、ツモって裏1で条件クリアだ。

 

全身全霊を捧げる一発目のツモは…

!違う!親戚でも何でもない!

こうなれば裏ドラに賭けるしかない。

しかし、ただでさえ薄いドラ表のカン、そもそもツモれるのか…?

 

 

まさかの次の巡目でツモ。何とあっさりしたことか。

そして肝心の裏ドラは…

 

 

だった。1巡回していれば…というのは結果論だが、想像せずにはいられない。

高宮の願いは惜しくも届かず、無念の予選敗退となった。

【予選A卓結果】

1位 佐月麻里子

東1局の決してリードに甘えず、要所で鋭い捌きも見せて堂々の1位通過。

初の決勝卓進出を決めた。

 

2位 高橋侑希

南2局の三色リーチのリードを活かし、最後は薄氷の通過。

2年前の水口へのリベンジを果たすべく、いざ決勝卓へ。

 

3位 高宮まり

最後はラス牌のをツモる意地を見せたが、惜しくも裏ドラに嫌われた。

この悔しさは、ぜひ来週から再開するMリーグにぶつけてほしい。

 

4位 水瀬夏海

自風のドラが対子だった東3局で、佐月に上手く捌かれたのが痛かった。

やっぱりぴよぴよじゃないので、誰か良い通り名を考えてあげてください。

 

真中彰司
関東の理系大学院に在学中の学生。個別指導塾の数学講師という顔も持つ。主に統計学を研究する傍ら、都内各地にて麻雀修行中。

(C)AbemaTV