麻雀最強戦2019女流プレミアトーナメント「脅威のツッパリ」観戦記【B卓編】修羅場こそ花開く!西嶋ゆかりの「異端の勝負勘」

麻雀最強戦2019

女流プレミアトーナメント

「脅威のツッパリ」B卓編

修羅場こそ花開く!

西嶋ゆかりの異端の勝負勘

【B卓】担当記者:危険な鬼太郎2019年3月16日(土)

 

一回戦A卓ではいきなり四軒リーチから始まったこの最強戦。

B卓ではいったいどのような勝負を見れるのだろうか?

 

『2回戦B卓

東家 西嶋ゆかり

南家 山脇千文美

西家 池沢麻奈美

北家 米崎奈棋

 

東2局

米崎奈棋がオタ風のをポン!

少々形も悪く、打点も3900程度なので仕掛けるのも躊躇する人もいると思うがよどみなく仕掛けた。

そして米崎、

親の安全牌でかつ他家に通りそうなを抱えつつ、のトイツ落としを選択。安全な選択をしつつ、を鳴けた場合にきちんと勝負に行けるように打点をつける良い一打だ。

さらにも鳴いて打。親の現物のは万が一に備えて抱えておく。

この米崎のホンイツが見え見えで3900ないしは5200程度が見えている仕掛けに他家は攻めにくく見えた。

しかし、受け気味に進行していた西嶋ゆかりが聴牌を入れて即リーチをする!

西嶋の素晴らしいところは6巡目の打ちだ。米崎の仕掛けによってマンズが高くなるのを読んで先打ちしている。結果かぶってしまったが結果論だ。

そして地獄の単騎ではなく、筋の単騎に受けた。パッと見ただけでピンズが場に安い。地獄のは確実に山にいるが1枚しかない。それがワンパイの可能性もある。だが、このは2枚あって、他家の降り打ちも狙える。

米崎が西嶋に放銃。イーシャンテンからの放銃であったが、それだけが通りやすそうに見える良い待ちだ。

東3局

親の池沢麻奈美が聴牌して打。即リーチ。

どう思われるだろうか?いかにドラドラであろうが、リーチする打ち手は少し珍しく感じた。

マンズはのくっ付きで鳴いても好形が残るし、24000まで手牌が伸びる可能性がある。ちょっと焦っているのか?と感じた。

しかし、池沢はこのカンをいとも簡単にツモって4000オール。二着勝ち上がりの接戦でこのアガリは値千金ともいえるアガリだ。

東4局

西嶋の打牌選択が面白い。

234の三色も見えるからは触りにくいとはいえ、ドラ表示牌のではなく、ションパイのダブを打った。

ドラ表示牌のは確実に山にいるが、ダブは誰かにトイツの可能性がある。なかなかセオリックに見える面白い打牌だ。

を重ねて、をポン!一気にホンイツに寄せてく。捨て牌もホンイツに見えにくく、迷彩もかかっている。

ここはうまく池沢が交わし切ったが、面白い局だった。

南1局や2局では山脇千文美や米崎が仕掛けを打って積極的にアガリへ向かうも、西嶋の的確なヤミテンに惜しくも捕まってしまう。

南3局

西嶋がカンチー。数順後聴牌。

タンヤオに見えるので待ちにする選択もあるが、念には念を入れて、親の池沢の現物の単騎で勝負を仕掛ける。

が、米崎がリーチ。

点数的には不満しかないが、現状二着の西嶋が仕掛けており、速度が速そうでこっちも打点がこれ以上

上がりそうもない。ラス親も残っているし、必然のリーチか。

自分で切っているドラのを持ってくる西嶋。この牌で米崎に放銃してしまってはマンガン以上は確実だが悩む。は通りやすようだが、ドラを通すか迷ったのか。しかし打

そして山脇も聴牌。

このシャンポンでドラ切りリーチ!勝負を仕掛けた。

ここで西嶋が脅威のツッパリを見せる!

まず無筋

考えるものの、打った。だが、は比較的通しやすい牌。

今度は普通に切りにくい牌を突っ張った。仮に放銃しても次局アガれば良いとは言ってもなかなか押せない。

西嶋の異端な勝負勘が押したほうがいいとささやいているのだろうか?

見事なツッパリの後にはアガリが待っていた。これで山脇のマンガンツモ条件を消した。

オーラス 一本場

米崎が4000オールをツモり大接戦になる。

ここまで耐えに耐え続けてきた米崎がようやくアガリへと結び付けた。

そしてオーラスでは西嶋の早いマンガン聴牌に池沢がまさかの放銃。3着まで落ちてしまい、B卓勝ち上がりは西嶋、米崎となった。

西嶋の打ち方がすごく印象に残ったB卓。決勝戦ではどのような闘牌を見せてくれるか非常にワクワクが止まらない。

 

危険な鬼太朗
小説家に憧れる中で、競技麻雀に惚れ込んだ二十代。視聴者と一緒の視点に立ってわかりやすい記事を書いていきたい新人ライター。ツイッターはこちら→危険な鬼太郎