麻雀最強戦2019女流プレミアトーナメント「脅威のツッパリ」観戦記【B卓編】修羅場こそ花開く!西嶋ゆかりの「異端の勝負勘」

麻雀最強戦2019

女流プレミアトーナメント

「脅威のツッパリ」B卓編

修羅場こそ花開く!

西嶋ゆかりの異端の勝負勘

【B卓】担当記者:危険な鬼太郎2019年3月16日(土)

 

一回戦A卓ではいきなり四軒リーチから始まったこの最強戦。

B卓ではいったいどのような勝負を見れるのだろうか?

 

『2回戦B卓

東家 西嶋ゆかり

南家 山脇千文美

西家 池沢麻奈美

北家 米崎奈棋

 

東2局

米崎奈棋がオタ風のをポン!

少々形も悪く、打点も3900程度なので仕掛けるのも躊躇する人もいると思うがよどみなく仕掛けた。

そして米崎、

親の安全牌でかつ他家に通りそうなを抱えつつ、のトイツ落としを選択。安全な選択をしつつ、を鳴けた場合にきちんと勝負に行けるように打点をつける良い一打だ。

さらにも鳴いて打。親の現物のは万が一に備えて抱えておく。

この米崎のホンイツが見え見えで3900ないしは5200程度が見えている仕掛けに他家は攻めにくく見えた。

しかし、受け気味に進行していた西嶋ゆかりが聴牌を入れて即リーチをする!

西嶋の素晴らしいところは6巡目の打ちだ。米崎の仕掛けによってマンズが高くなるのを読んで先打ちしている。結果かぶってしまったが結果論だ。

そして地獄の単騎ではなく、筋の単騎に受けた。パッと見ただけでピンズが場に安い。地獄のは確実に山にいるが1枚しかない。それがワンパイの可能性もある。だが、このは2枚あって、他家の降り打ちも狙える。

米崎が西嶋に放銃。イーシャンテンからの放銃であったが、それだけが通りやすそうに見える良い待ちだ。

東3局

親の池沢麻奈美が聴牌して打。即リーチ。

どう思われるだろうか?いかにドラドラであろうが、リーチする打ち手は少し珍しく感じた。

マンズはのくっ付きで鳴いても好形が残るし、24000まで手牌が伸びる可能性がある。ちょっと焦っているのか?と感じた。

しかし、池沢はこのカンをいとも簡単にツモって4000オール。二着勝ち上がりの接戦でこのアガリは値千金ともいえるアガリだ。

東4局

西嶋の打牌選択が面白い。

234の三色も見えるからは触りにくいとはいえ、ドラ表示牌のではなく、ションパイのダブを打った。

ドラ表示牌のは確実に山にいるが、ダブは誰かにトイツの可能性がある。なかなかセオリックに見える面白い打牌だ。