麻雀最強戦2019女流プレミアトーナメント「脅威のツッパリ」観戦記【決勝卓編】西嶋、佐月、米崎の名手が引き出した高橋侑希の“極限のツッパリ”

麻雀最強戦2019

女流プレミアトーナメント

「脅威のツッパリ」決勝卓編

西嶋、佐月、米崎の名手が

引き出した高橋侑希の

“極限のツッパリ”

【決勝卓】担当記者:masasio 2019年3月16日(土)

 

【つっぱる】

強硬な態度で行動する。我意を張る。
俗に、目立つ態度で虚勢を張る。
広辞苑より

 

麻雀最強戦2019 女流プレミアトーナメント「脅威のツッパリ」決勝戦の模様をお伝えします。

決勝戦は予選と違いトップのみが意味がある戦いだ。

予選以上に激しくなるであろう、各選手それぞれの「ツッパリ」を期待したい。

まず試合をリードしたのはこの人

予選A卓1位通過

佐月麻理子!!!

東1局、西家高橋が役牌のをポンしているところ、親とはいえピンフのみのイーシャンテンからドラのをぶつけていき・・・

そのドラのをポンされてもリーチでぶつけていった!!

ドラをポンしている高橋も一歩も引かず追いつくが・・・

力強くツモったのは佐月。

 

裏ドラも乗って大きな2600オール!!

ドラの勝負、ピンフのみながらドラポンにひるまずにリーチ。

みごとなツッパリでアガリをものにした。

南1局、再び親番の佐月

トップを取るにはこの親番でなんとか加点したいところだが、トップ目の高橋から打点も待ちも充分形のリーチが掛かってしまう。

すぐに追いついた佐月。

を切ればのシャンポンでテンパイだ。

しかしノータイムで・・・

のトイツに手をかけてテンパイを崩した。

狙いはすぐに分かる,マンズのホンイツだ。

リーチでも打点はある程度確保されているが、より高い点数を目指した。

をポンして狙い通り12000のテンパイ!