【麻雀最強戦2018】優勝は紺野真太郎プロ(日本プロ麻雀連盟)!!「アース製薬杯 男子プレミアトーナメント 決勝」

本日7月29日(日)19時より、「麻雀最強戦2018 アース製薬杯 男子プレミアトーナメント 決勝」が行われた(司会:小山剛志/アシスタント:長澤茉里奈/実況:梅中悠介/解説:金太賢・多井隆晴)。その模様はAbemaTV麻雀チャンネルにて生配信され、紺野真太郎プロ(日本プロ麻雀連盟)が優勝した。

優勝した紺野真太郎プロは、12月に行われる「麻雀最強戦2018 ファイナル」に出場することになる。
本日の対戦は「麻雀最強戦2018」の第10戦で、男子プロプレミアトーナメントの決勝戦となる。

アース製薬杯男子プロプレミアトーナメントは、32名の男子プロからただ1人の勝ち上がり者を決める過酷なトーンメント戦。

4つの予選ブロックを勝ち上がった対局メンバーは、

 HIRO柴田 VS 松ヶ瀬隆弥 VS 朝倉康心 VS 紺野真太郎

の4名。

 

▲新技激突優勝 HIRO柴田プロ
▲天鳳ニューパワー優勝 朝倉康心プロ
▲下剋上決戦優勝  紺野真太郎プロ
▲豪傑発見優勝 松ヶ瀬隆弥プロ

 決勝は朝倉・紺野・松ヶ瀬・柴田の並びでスタート。

紺野のリーチに朝倉が一発で放銃し、マンガンが動いたのが東3局。
そのままチャンスを掴めずに、朝倉がずるずると点棒を減らしていくが、南1局の親番でリーチ、一発、ツモの6000オールをものにして、一気にトップに浮上する。

しかし、次局松ヶ瀬がホンイツトイトイの仕掛けに、朝倉が飛び込んで全員2万点台に。

さらに次局、紺野が親番でリーチ・一発・ツモ・ドラ1の4000オールで頭一つ抜け出す。

条件戦に入って、各家思惑が入り乱れての流局が続く。そしてオーラス、3本場。点棒状況は次の通り(供託3本)。

朝倉 27,600
紺野 35,900
松ヶ瀬 9,800
柴田 23,700

親の柴田が先制リーチ。タンヤオチートイツ単騎。
対してホンイツ仕掛けの紺野がカン待ちで追いつく。
最後は山との闘いとなり、柴田が紺野のを掴んで勝負が決した。

▲HIRO柴田の単騎

▲勝敗を決したカン

次回の「麻雀最強戦2018 著名人代表決定戦 技術の剣」は8月12日(日)。

出場者は、大村朋宏、片山まさゆき、百田尚樹、水崎綾女、本郷奏多、加賀まりこ、加藤哲郎、鈴木大介の8名。

AbemaTV麻雀ch⇒ https://abema.tv/channels/mahjong/slots/9XjV9oKrSnH6co

(※文中敬称略)

麻雀最強戦公式サイトはコチラ。⇒ https://www.mahjong-saikyosen.com/

この記事のタイトルとURLをコピーする