優勝は仲田加南プロ【日本プロ麻雀連盟】!! 麻雀最強戦2018 サイバーエージェント杯女流プロ代表決定戦女流王者の極





日本で一番麻雀が強いものを決める戦い、それが麻雀最強戦。その麻雀最強戦2018が今年も始まった。
緒戦となったのは「麻雀最強戦2018 男子プロ代表決定戦 攻撃の極」(司会:小山剛志/アシスタント:長澤茉里奈/実況:梅中悠介/解説:片山まさゆき,馬場裕一)。

本日3月10日(土)15時よりAbemaTV麻雀chにて生配信され、仲田加南プロ(日本プロ麻雀連盟)が優勝を勝ち取った。

【出場者】
【A卓】仲田加南(女流桜花),朝倉ゆかり(女流雀王),西嶋千春(女流最高位),水口美香(前年度ファイナリスト)
【B卓】西嶋ゆかり(プロクイーン),山脇千文美(RTD Girls Fight/連覇),佐月麻理子(マスターズ),二階堂亜樹(前年度ファイナリスト)

半荘1回の予選を、A卓からは朝倉・仲田、B卓からは山脇・西嶋がそれぞれ勝ち上がった。

▲A卓トップ、朝倉ゆかりプロ

▲A卓2位、仲田加南プロ

▲B卓トップ、山脇千文美プロ

▲B卓2位、西嶋ゆかりプロ

決勝戦は、山脇・仲田・朝倉・西嶋の並びでスタート。

A卓戦では2着残りを意識し、ダマテンを多用した仲田。トップ取りの闘いではガラリと戦法を変えて積極的に攻めにでる。役牌のドラが見えていない局面でもペンチャン待ちのリーチのみで1人テンパイをもぎ取る。

オーラスではトップ目の西嶋プロから8000点を直撃し、見事ラリアットをさく裂させて優勝を掴んだ。

優勝した仲田には、12月9日に開催される麻雀最強戦2018ファイナルのチケットが贈られた。

次回の麻雀最強戦2018は4月14日(土)15時より。

「女流プレミアトーナメント 美女の乱」
出場者は、都美・与那城葵・二階堂瑠美黒沢咲岡田紗佳東城りお和泉由希子宮内こずえ

(※文中敬称略)

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です