牌効率では辿り着けない劣勢を跳ね返す勝負手 麻雀最強戦2022 【ファイナル 2nd Stage】観戦記【B卓】担当記者 越野智紀

牌効率では辿り着けない
劣勢を跳ね返す勝負手

【B卓】担当記者:越野智紀 2022年12月11日(日)

ファイナル2nd Stage B卓の出場選手は

男子プロ王者の帰還と1st StageA卓を圧倒的な力で勝ち進んだ鈴木大介選手。

ザ・レジェンドを突破し、1st StageB卓では誰よりも若さ溢れる麻雀を打って若手を薙ぎ倒した前原雄大選手。

女流チャンピオン決戦では終盤一気の逆転劇で通過、1st StageC卓では勝負所を制して抜け出した菅原千瑛選手。

脂の乗った選手の集まるタイトルホルダー頂上決戦を勝ち抜け、1st StageD卓では女流3人に囲まれた中で1枠を掴んだ渋川難波選手。

ここで上位2人に入れば決勝に進むことが出来ます。
先に終えたA卓からは昨年の覇者・瀬戸熊最強位も残っており、新しいヒーロー誕生の舞台は整いました。

東2局

麻雀の神様からのギフト、一発ツモで3,000・6,000のアガリをいただいた渋川選手が幸先の良いスタートを切ります。

リードをすれば押し引きの選択肢が広がり有利と言われているのが麻雀で、広がった選択肢をどう生かすのかが腕の見せどころ。

東3局

ドラ表示牌の【7マン】を切っていった渋川選手。
【7マン】から面子を作りピンフ系で高打点を狙うよりも、チートイツや役牌といった安全とスピードを重視した打ち回しを見せます。

リスクの高いタンヤオに興味無し。
安全に局消化をしていけば大丈夫と私たちに語りかけているかのようです。

他家のシュンツ系の捨て牌を見て残した牌たちが次々と重なりテンパイ一番乗りのチートイツ
2枚切れの【中】かション牌の【1マン】か、どちらでダマテンにするか悩ましいところでしたが

なぜか天井カメラの映像に切り替わり、横向きに置かれた【中】が映し出されています。

勿論、この選択は渋川選手が出した最適解でダマテンのほうがリスクが高いと判断してのことだと思うのですが… 安全に局消化してれば大丈夫って言ってたよね!?(言ってない)

こういうのをダマテンにして魔神の読みを駆使して勝ち切るのが強みだと思っていただけに、意外な選択が見れました。

ただ今日の同卓者は猛獣のように押してくるスタイルの前原雄大・鈴木大介で、受けて【1マン】が出る展開はあまり想像出来ません。

それに加えて昨日の試合から覚醒の雰囲気を見せていた菅原千瑛

リーチ一発目に1st Stageでもよく見た困った表情になります。
※下がった眉には「この女性を守りたい」と男性に思わせる心理学的効果があるそうで、これが黒魔術の正体かもしれません。

そこから打ち出されたのはドラの【8マン】
戦いの鐘が鳴らされました。

麻雀においてカッコイイ勝ち方ランキング第1位は「相手の土俵で勝つ」です。
相手から最高のパフォーマンスを引き出した上で、それを上回っていく。
さらに道中でお互いが成長していったりした日には、見ている側にもその熱さが流れ込んできます。

檻の外からたまに餌をやりながら局を進めたほうがクールで安全な道でしたが、獣の檻に飛び込む熱い勝負を選んだ渋川選手。

その勝負の場に菅原選手が乗ってきて

祈るようにツモ牌を手元に運ぶも

掴んでしまった高めの【5ソウ】

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \「麻雀最強戦2022」DVD新刊予約受付中!/