菅原千瑛、ミスキャンにも選ばれた「清純派黒魔術師」

菅原千瑛

荒正義プロにあこがれ麻雀の道へ

菅原千瑛(すがわらひろえ)は、日本プロ麻雀連盟に所属するプロ雀士である。
大学1年時にミス高千穂大学に選ばれたこともある。
2012年にプロテスト合格。中学生の頃に麻雀漫画の「哲也」を読んで興味を持ち、三歳上の兄にルールを教わり家族麻雀を覚える。その後プロの道を志し、一度実技で不合格となってしまったもののあきらめず再受験し、大学生の時プロデビューを果たした。

雀風は門前手役バランス型で、好きな役は純チャン三色。チャームポイントの笑顔を武器に、「死ぬまで麻雀プロとして頑張ります」と目標を固めている。

最強戦ガールとしても活躍

2014最強戦ガール東日本担当のほか、同番組のアシスタントも担当した。キャッチフレーズは「清純派黒魔術師」。

麻雀格闘倶楽部、ロン2に参戦。麻雀最強戦、八局麻雀、天空麻雀18、てんパイQUEEN、RTD Girl’s Fight、日テレプラス杯、Lady’s麻雀グランプリ、夕刊フジ杯争奪麻雀女王決定戦、RTD Girls Tournament 2021など数多くの麻雀対局番組出演経験があり、麻雀最強戦2019女流プロ代表決定戦「下剋上血戦」では優勝も経験している。

また2021年にはEX風林火山ドラフト会議指名選手オーディションに参戦、敗退するもMリーグへ向けて意欲を見せた。

参考記事:一打一打の重みを感じられる素晴らしい場 成長する姿を見てもらえるように EX風林火山ドラフト会議指名選手オーディション【菅原千瑛インタビュー】

 

生年月日 1991年12月2日
出身地 埼玉県
プロ入会 2012年
所属プロ団体 日本プロ麻雀連盟(28期生)
SNS Twitter:菅原千瑛

インスタグラム:12hiroesugawara02

 

 

  • 菅原千瑛

    この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!