一打一打の重みを感じられる素晴らしい場 成長する姿を見てもらえるように EX風林火山ドラフト会議指名選手オーディション【菅原千瑛インタビュー】

一打一打の重みを

感じられる素晴らしい場 

成長する姿を

見てもらえるように 

EX風林火山ドラフト会議

指名選手オーディション

【菅原千瑛インタビュー】

菅原千瑛(日本プロ麻雀連盟)

Twitter:https://twitter.com/hiroesugawara

 

-今回のオーディションに参加しようと思ったきっかけなどはありましたか。

自団体の日本プロ麻雀連盟にはMリーガーの方も結構たくさんいますけど、それ以上にまだMリーガーになっていない女性プロもたくさんいます。私は連盟のタイトルなどを獲ったこともないので、選ばれるのはまだまだ先でしょうし、私がMリーガーになりたいと思うのはおこがましい気もしていました。でも今回、EX風林火山さんがオーディションをやるということで、厳しい戦いではあると思うんですけど、チャンスがあるなら出たいという気持ちがあって、エントリーしました。

-いつかはMリーグに出たい、という思いはあったのでしょうか。

それは、Mリーグができるとなったときからずっとありました。でも、自分よりもいろいろな面で有名な方や実力・実績が上の方がたくさんいるので、自分もタイトルを獲って地力をつけて選ばれるような人材になりたいとは思っていました。今回も簡単ではないのは重々承知していますし、チャンスをなかなかつかめて来ていないんですけど、ここでチャンスをもらえたらうれしい、という感じです。

-実際に参加してみて、いかがですか。

当たり前ですけどみんな勝ちにきていて、それだからこそ一打一打の重みも感じました。そういう場があること自体が本当にありがたい、素晴らしいと思います。地方の連盟員の後輩が「勝又(健志)さんから直接話を聞けて、それだけでも出た価値があった」と言っているのを聞くと、すごい機会をもらったんだな、とひしひしと感じます。

-改めて、このオーディションへの意気込みをお聞かせください。

応援してくださっている方々からは「Mリーグに出ないの?」と声をかけていただけています。今の自分の実力ではまだまだ、という思いはありましたけど、成長っぷりもみなさんに見ていただけるように、日々強くなりたいと思っています。頑張りますので、応援よろしくお願いします。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!