満たせなかった渇き 勝利に飢えた後藤咲 運命の南2局 #麻雀最強戦2022【 #女流プロ最強新世代 】観戦記【A卓】担当記者 #後藤哲冶

満たせなかった渇き
勝利に飢えた後藤咲
運命の南2局

【A卓】担当記者:後藤哲冶 2022年8月14日(日)「麻雀最強戦女流新世代」本日行われた最強戦予選は、そう銘打たれた。
タイトル通り、本日の対局は8人の女流プロが鎬を削ることになる。

しかしその前に、今回の予選が始まる前、ひと悶着あったことをご存知の方も多いのではないだろうか。

ここでは多くを書くことはしないが、今回の予選が公式SNSから発表された際に、選手が宣伝をしていなかった事がちょっとした波紋を呼んだ。実際は公式SNSから発表があってからそれほど時間は経っていなかったといった選手側の理由もあったのだが。

つまり、宣伝等を含む様々な意味で、この予選に全力で挑むつもりあるの? ということを指摘されたのだと思う。

だとしたら。私から言えることがあるとすれば。

震える手を必死に抑えて。(写真では手の震えが伝わりにくいのが残念だが)
うるさいほどに鳴っていたであろう胸の鼓動を無理やりにでも鎮めて。

真っすぐに牌と向き合う彼女達は、この日間違いなく本気だった。

東家 後藤咲
南家 蒼井ゆりか
西家 鳥井ゆう
北家 高津柚那

東1局は蒼井に小三元跳満のテンパイが入るも、鳥井が軽くかわして2000点のアガリ。

東2局配牌から役牌2種だった高津が3副露でテンパイを入れる。

【4ソウ】【7ソウ】のテンパイから、【東】を持ってくる。
アガリやすさを考えるならこのままにしたいが、ドラの【6ソウ】単騎に受ければ満貫
逡巡くらいはしそうなこの瞬間。

高津は見向きもせずにこれをツモ切り。
最初から決めていたのだろう。ドラを持ってきた時や、【東】を持ってきたケースを。
ドラ単騎に受けないのが偉いとかそういう話ではなく、既に決めていたことが高津の強さを物語っている。

これをツモアガる。
500、1000ではあるものの、この局の目的は果たした。

東3局勢いに乗る高津は、ドラのカン【3ソウ】待ちでリーチをかける。
この牌姿であれば、【2ソウ】切りの選択肢もあっただろうが、ここはドラを引くという強い意志でリーチ。

しかし高津がツモれない間に、鳥井が余りにも大きな手を作り上げることに成功していた。

この【發】単騎が、3山。これが無情にも、高津の元へ。
18000のアガリ。鳥井はこれで一時的に安全圏へと突き抜けた。
高津は放銃に回ってしまい苦しい立場になったが、このカン【3ソウ】リーチに後悔は無いはずだ。
あそこでドラ待ちのリーチを打つのが高津の麻雀なのだから。

そしてその姿勢は、次局にも表れる。

高津の配牌。
ドラの【南】は自風であり、ホンイツトイトイチートイツが見える。
とはいえドラが鳴けた時のメンツ手も保留したいので、ここは【9マン】から切るかと思われたが。

高津はリャンメンターツの【5ソウ】から!
思い切った一打。メンツ手はいらない。
この手を高い手に仕上げる覚悟が見て取れる。

一方で後藤も負けていない。
配牌が思わしくないのでここは【8ピン】から。アガる時にはホンイツをつけて高い手に。
手組みの構想力が2人とも長けている。

高津にテンパイが入った……!
ホンイツトイトイ【南】ドラ3の倍満。先ほど放銃した18000を一気に取り戻すチャンス。
しかもこのシャンポン待ちがなんと4山。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \「麻雀最強戦2022」DVD新刊予約受付中!/