村上が持つ最強の矛と盾。守備をしながら攻撃も考える矛盾を超える麻雀 麻雀最強戦2021「男子プロ一撃必殺」観戦記【A卓】

村上淳が持つ最強の矛と盾。

守備をしながら攻撃も

考える矛盾を超える麻雀

【A卓】担当記者:危険な鬼太郎 2021年4月10日(土)

A卓はその重い麻雀で一時代を築き上げた男たちが集まった。

1位しか価値が無い決勝戦とは違い、予選では2着までが勝ち上がりのルールなのでそれこそ重い一撃一発で勝ち上がりが決まることも多々ある。

その重いアガリを出すのは誰になるのか…。

【選手紹介】

村上淳

その発声の良さと打点の高さは天下一品。ここ最近では最強戦でなかなか良い成績を残せていない村上。

今日が誕生日なのも相まって気合も十分。

瀬戸熊直樹

打点を狙うのはもちろんの事だが、持ち前の連荘の多さで数多のタイトルを獲得して麻雀界で一時代を築き上げた瀬戸熊。

二つ名の卓上の暴君のような荒れる麻雀が見せれるか。

鈴木達也

今でこそラーメン屋などと言われているものの、日本プロ麻雀協会の最高峰のタイトルを四度も獲得している達也。

今は最高位戦に移籍してしまったが、鈴木たろうと共に何度もタイトル戦で凌ぎを削って二人の鈴木で時代を作り上げた。

たろうが鳴きのスペシャリストならば、達也はメンゼンのスペシャリスト。その高い手組で対戦相手を遠く突き放すことができるか。

萩原聖人

滅茶苦茶登場シーンがカッコよかった萩原。やはり他の選手とはレベルが違う。

アマチュア時代からその手役で数多のタイトルを獲得して、アマチュア最強の名を手にした男。

次に欲するのは麻雀プロとして最強。その打点の高さで最強のタイトルを獲得することができるか。

【A卓】

東1局 親・瀬戸熊 ドラ【5マン】

親の瀬戸熊が浅い巡目から【中】をポン!

そこそこ形が良いので【中】の1枚目をスルーして2枚目から鳴いたり、ダブ【東】から鳴くのかと思いきやの鳴き。

Mリーグと違い今日はトーナメントの2着勝ち上がりの戦い。2着以内に入るためにバランスを変えたか、それともこれが普段のバランスなのか。

とは言っても、ダブ【東】さえ鳴けるか暗刻にできればドラ含みで12000の聴牌なので鳴いてもおかしくはないが、瀬戸熊なので少し意外だった。

この瀬戸熊の鳴きに他家が物凄く警戒する。普段鳴かない瀬戸熊がこの浅い巡目での1鳴き。打点は少なくともあると思ったのだろう。

この瀬戸熊の仕掛けを受けて

この浅い巡目でリャンカンリャンメンのドラ1イーシャンテン。村上ならば当然暗槓かと思いきや、

槓子の【北】の1枚外しで様子を見る。瀬戸熊の1鳴きをそこまでリスペクトしている。

最終系でカンチャンが残るかもしれない形で、瀬戸熊にみすみすドラを増やすカンはリスクが高い。これでもリャンカンが埋まればピンフドラ1でリーチが打てるし、ドラの【5マン】を引けば待ちがカン【5ピン】かカン【7ピン】になってはしまうがドラドラのリーチが打てる。

暗槓して一牌ツモる事よりも、東1局で親の瀬戸熊の仕掛けと暗槓してドラを増やして真っ向から戦うリスクを嫌った。トーナメント戦で序盤に大きな手を放銃して脱落する事だけは避けたい。

中盤で村上に選択。

【北】を切って七対子のイーシャンテンに受けるか?【4ピン】【4マン】【5ソウ】を切ってメンツ手でのイーシャンテンに受けるのかの選択。

村上はここで…。

七対子に受ける【北】切りではなく、打【4ピン】。この【4ピン】は当たる可能性がある牌ではあるものの、瀬戸熊の河の【6ピン】が2巡目に切られており瀬戸熊は上家の達也が切った【7ピン】に反応してない事、そして【2ピン】が場に3枚出ていてワンチャンスなので【4ピン】は中々当たらないだろうと読んだのだろう。

仮に放銃したとしても、この手牌だと例え放銃しても見合う手牌だ。何故村上はここで【北】を選ばずに【4ピン】を切ったのかというと…。

瀬戸熊にマンズを切れないので【4ピン】を切った。村上はここでドラの【5マン】を引いて聴牌をしたが、仮に【北】を切っていたとしてもここで七対子ドラドラの聴牌を入れられる。

しかし聴牌を取るために切る牌が【3マン】【6マン】になる。どっちも瀬戸熊に切りにくい。当たったらドラを跨ぐ牌なので5800、ないしは12000と瀬戸熊に言われそうだ。

しかもドラ側の【3マン】【6マン】が単騎としても優秀な牌ではない。七対子でアガリを取るためにはこの2牌を瀬戸熊の強烈な仕掛けに切らなければいけなくなる。

村上は瀬戸熊にはマンズを切れないと思い七対子を諦めた。

このシャンポン聴牌で村上はリーチに行くかと思いきや

ここでもダマテン。流石に待ちが悪すぎるか。一応このまま仮にツモったとしても、1300-2600はあるので打点としても見合う。

しかし村上は絶好の【4ソウ】を引いてフリテンリーチを敢行。

今まで慎重に進行していた人とは思えないリーチ宣言だ。【3ソウ】【6ソウ】は場に自分が切ったのも含めて【3ソウ】が2枚切れているだけ。

【6ソウ】は正直よく分からないが、【3ソウ】に限っては【4ソウ】が4枚見えてるんだから2枚はいるだろうとおもったのだろう。自分に都合よく考えれば【6ソウ】だって1枚ぐらいは山に居ると仮定したいので3枚は山にいると思いたいところ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!