村上が持つ最強の矛と盾。守備をしながら攻撃も考える矛盾を超える麻雀 麻雀最強戦2021「男子プロ一撃必殺」観戦記【A卓】

そんな良い待ちなのに打点が1000-2000ではあまりにも安すぎる。ならば…リーチという訳だ。

この【3ソウ】【6ソウ】【6ソウ】こそ山に1枚もなかったが、村上の読み通り【3ソウ】は2枚切れているのに丸々2枚も山にいた。

これがアガれないのは中々にきつい村上。親の瀬戸熊もノーテンで東2局に進む。

東3局2本場供託2本 親・萩原 ドラ【9マン】

村上が高打点で元気よくリーチ宣言!

ツモり三暗刻の高い手の聴牌。自然と村上の手も跳ねる。

親の萩原も追っかけリーチを掛ける物の

村上が気合一閃【3ソウ】のツモアガリ。

リーチツモ三暗刻の2000-4000。萩原のリーチ棒も併せてプラス3000点も加点して有利に局を進める。

南1局2本場供託3本 親・瀬戸熊 ドラ【7ソウ】

瀬戸熊が泥臭く親を繋げながら、

この三面張のダブルリーチ!そして3巡目にツモ!

ダブルリーチツモの2000オールの供託3本のアガリ。当然瀬戸熊はここで手を緩めるような甘い打ち手ではない。

続く3本場では萩原からの先制リーチを貰うと

瀬戸熊はここで降りずに萩原のリーチに押し返して

リーチツモドラ裏の4000オール!これで勝負を決定づけた。

萩原と達也も自身の親番で加点を目指して頑張るものの、流石に瀬戸熊と村上の打点の壁が厚すぎて突破できず惜しくも敗退となった。

この予選では守備をしなければ2着以内に中々残れないが、決勝は1位しか意味がない対局。つまり予選よりも高い手役や打点が観れるはずだ。

どの選手が一撃必殺のアガリを見せつけてくれるか。とても楽しみだ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!