麻雀最強戦2018ファイナル観戦記④【D卓編】勝又!金!内川!旬のプロ3人にアマ最強位・野間はどう立ち向かったのか

麻雀最強戦2018

ファイナル観戦記④D卓編

勝又!金!内川!

旬のプロ3人に

アマ最強位・野間は

どう立ち向かったのか

【ファイナルD卓】担当記者:ゆうせー

12月9日(日)に行われました、最強戦ファイナルD卓の模様をお伝えいたします。

 

対局者はこの4名。

 

起家 内川 幸太郎

 

南家 勝又 健志

 

西家 野間 一列

 

北家 金 太賢

 

ディフェンディングチャンピオンである金、十段位を獲った内川、この中で唯一のMリーガー勝又、といった今が旬のプロ3名に対して、アマ最強位の野間がどう立ち向かっていくかが見どころだ。

 

【東1局】

東家 内川 25000

南家 勝又 25000

西家 野間 25000

北家 金  25000

 

各者の配牌と第一打をみてみると、

 

内川

 

勝又

内川と勝又はドラが自然に使える比較的整った手。2人とも手なりでアガリに向かう。

 

野間

野間も三色が見えるいい手牌だ。こちらも役牌を切って臨戦態勢。

 

そんな中…